【ネタバレ】ナオト・インティライミ47都道府県ツアー【東京】レポ@日本武道館 | りりぃさん's Room新館

りりぃさん's Room新館

音楽大好き女子によるライブレポ♪全国のライブ会場やグルメ・宿泊情報などライブ活動・遠征お役立ちサイト

【ネタバレ】ナオト・インティライミ47都道府県ツアー【東京】レポ@日本武道館




2018年10月5日(金)、ナオト・インティライミの「こんなの初めて!!ナオト・インティライミ 独りっきりで全国47都道府県 弾き語りツアー2018」の40公演目(岡山公演延期のため)、東京公演に参加してきました。この記事は、ネタバレあり!!のレポなので、セトリや内容等のネタバレがあります。くれぐれもご注意の上、以下、閲覧をご判断頂けたらと思います。
※なお、すでにUP済みの「ネタバレなしレポ」はこちらからどうぞ

念のため、間に広告を挟んで置きますので、ネタバレをまだご覧になりたくないという方は、誠に恐れ入りますが、こちらにて離脱していただけますようお願いいたします。。ネタバレを見ても大丈夫という方のみ、以下にお進み下さい。








 


【これまでの私の参加した公演のレポ(ネタバレあり)】
☆山梨・・・ネタバレありレポ
☆石川・・・ネタバレありレポ桜井さん登場シーンのみレポ
☆山形・・・ネタバレありレポ
☆千葉・・・ネタバレありレポ
☆岐阜・・・ネタバレありレポ
☆静岡・・・ネタバレありレポ
☆群馬・・・ネタバレありレポ
☆神奈川・・・ネタバレありレポ

 

2018年10月5日(金)日本武道館

あいにくの天気で、雨が降ったりやんだり、肌寒い1日となったこの日。
台風が近づいているので、致し方ないものの、ちょうど会場に着いた頃に、また雨が強まってくるという・・・
まるで、ナオトの初武道館の日を思い出すようなそんな天候でした。

 
こちらが会場の日本武道館です。
 

 
ちょうど、これを撮ろうとした時、雨が強まってきていて、ささっと撮るしかなかったので、今ひとつな映りとなっております。苦笑

 

カーターくん缶バッチ&ご当地スタンプ等は・・・

まぁ、おおかた予想はしていたのですが、一切、缶バッチもスタンプも見に行ったりなんかしている時間はありませんでした。
そもそも、平日の18時半スタートなんて、普通の世間一般の社会人が、間に合う時間とは思えません!!
 
東京の人間なのに、東京のスタンプが押せないなんて・・・残念ですけどね。
ミスチル未完ツアーの時みたいに、わかりやすい場所に置いてくれれば、ささっと入場前に押せて良いのになぁと思いました。
 
BIG缶バッチについても、どこにあるのかさっぱりでしたが、まぁ、この後の別の会場で撮影してこようと思っています。(愛知で撮影してきました)




座席は・・・

この日のチケットは、私自身が最初のリアルFCの先行で取ったものです。
なのに、なぜか席は1階の南スタンド数列目でした。
 
まぁ、普通は、このあたり関係者エリアになるところであり、実際に、私達の周りはほぼ関係者と思われ、びっくりな方多数おられたのは確かなんですが、なぜにここが来たのか?!謎です。笑
 
ちなみに、私の前に座っていた方も、後から友達が調べたら、実はすごい方だったみたいで、ライブ後、ナオトと写真を撮っておられ、某所にUPされてました。笑
 
まぁ、私らも関係者といえば、関係者だよねぇ、とか言いながら(笑)席につきましたが。
 
でも、関係者席の皆さんは、ライブ中、一切、立ったりしないし、静かに見てるので、ナオトのミュージカルシーンとか以外は、ほぼずっと立ったままの私達は、ある意味、最前みたいなもので、とても見やすかったですが。笑
後から思いましたが、ステージのナオトからも、真正面ということで、見やすかったのかもね。
 
これまでのレポにチケットの写真は載せていなかったので、載せておきますね。
 

 

セットリストは・・・

この日のセットリストを書きたいと思います。
 
セトリは見たくないという方は、お気をつけくださいね。
 

  • ★東京公演セットリスト
  • 1.How many times?!
  • -MC-
  • 2.君に逢いたかった
  • 3.いつかきっと
  • 4.今のキミを忘れない
  • 5.Sunday
  • -MC~一人芝居-
  • 6.I’m chi-zu-ers
  • 7.Ole!
  • -ゲームコーナー-
  • -小休憩-
  • 8.Beautiful(ミュージカル風)
  • 9.LIFE(ピアノ)
  • 10.Overflows~言葉にできなくて~(ピアノ)
  • 11.Brave(アカペラ&ピアノ)
  • -MC-
  • 12.恋する季節
  • 13.あの素晴らしい愛をもう一度
  • 14.The World is ours!
  • 【アンコール】
  • -リクエストコーナー-
  • EN1.Start To Rain
  • EN2.Ballooooooon!!
  • EN3.カーニバる?




オープニングからのナオト登場

ハウメニーでの登場で、いつもご当地提灯つけているナオトですが、この日は「東京」でも「江戸」でもなく、「武道館」だったんです。。。
これは、地味に東京の者としてはショック・・・
東京の提灯なんて、いくらでも用意できたはず・・・
あえての武道館提灯を見つけて嬉しかったのかもしれませんが、なんかなぁって。
 
ナオトにとって、今日は、東京公演、というよりも、武道館公演、なんだなって、まぁ、気持ちはわかりますけど、なんだかなぁって思ってしまいました。
 
だって、47都道府県ツアーって銘打っている以上、そこは、東京にしてほしかったなぁと・・・
友達と、これじゃ46(都)道府県ツアーじゃん!!って言ってました。苦笑
 
あと、私の位置は、南1階最前付近なので、とても見やすいといえば見やすいはずなんですが、それでもステージとの距離を感じずにはいられませんでしたね。
 
きっと、これまで、他の会場(ホール)でずっと見てきたから、余計に遠く感じたのだろうと思うんですが、なので、ナオトが細かい動きをして笑わせてても、スクリーンがあるにはあるんですが、正直、見えにくく、わかりにくかったです。
私らは、すでにわかっているので、大丈夫なんですが、お初で今回のツアーを見た方は、前方の席以外、わかりにくかった部分もあったかと思いました。
 
その分、武道館だけでも、ちょっとした花道があったらよかったんじゃないかなって思いました。

 

前半の弾き語り部分は・・・

冒頭、群馬までは、「ありったけ」をその県ならではのバージョンで歌っていたんですが、神奈川もそうでしたが、東京もスルーでした。
 
どうやら、栃木もスルーだったらしいので、関東県はやらないことにしたんですかねぇ?
かといって、次の愛知ではやりそうな気もしますが・・・
(後日談:愛知もやってませんでした)
 
この日、ナオトの声は、いつもどおり、綺麗に聴こえていましたが、いつもホールで聴いていたから余計なのかもですが、ギターの音が少し聞こえにくく感じました。
もう少し音を上げてもよかったんじゃないかな?
 
「今キミ」でのギターの響きとか、余韻とか、今回、とっても素敵で、一つのピークでもあるので、その余韻を武道館でも楽しみたかったです。
南スタンドは一番、真正面だけに、音は他より良いはずなので、ちょっと残念でした。
 
そうそう、神奈川の時に、あれ?って思ったんだけど、思い出せなかったことを、武道館で思い出しました!!
 
それは、「Sunday」なんですが、ツアー前半では、濃い木目が印象的なアコギを弾いていたと思うんですが、神奈川であれ?って思ったのは、「今キミ」で弾いている、あの私がしつこくこのアコギが大好き!って言っているあのアコギを弾いていたんですよね!!
この後の「アノスバ」でも使っているアコギです。
(愛知で発見しましたが、後半の「恋する季節」もこのアコギを持つように変わってました!)
 
「Sunday」では前のアコギの印象が強かっただけに、えっ?この曲でもこれ使うんだ!!って思って、神奈川で衝撃だったのを、この日、思い出しました。
 
私の記憶違いかもと思い、友達に確認したんですが、やはり、ツアー前半では、「Sunday」はこのアコギは使っていなかったと言っていたので、合っているかと・・・
(合ってます・・・愛知で確認済み)
 
なんでしょうね、私がことあるごとに、このアコギが好きなことを書いてきたから、使ってくれてるんですかねぇ?!(そんなわけない。笑)
でも、このアコギ、インディーズ時代から使っているし、独特の響きがあるんですよね。
 
なお、私、前半の弾き語り部分、結構、今回、好きなので、あと1,2曲、ギター弾き語りがあったら、もっと嬉しかったんじゃないかなって最近思います。
ここで、1曲ぐらい、ナオトのその日の気分で弾き語るっていうのがあっても良かったかなって。




一人芝居コーナー

この一人芝居コーナーぐらいになると、もう、武道館の大多数の方が、当然かのように、座ってしまっていて、これには、今回、ほんとにびっくりでした!!
 
他の会場は、座っている人って、そんなにいないのに、千葉や神奈川、東京は冒頭から座っている人が多く感じました。。なぜだろう~?♪
ナオトが座らせる雰囲気にしちゃってたんですかね・・・?
でも、ナオトは、座っても立っててもいいよ!っていうスキマスイッチみたいなタイプのアーティストではないですよねぇ・・・(とにかく立っててほしいタイプ)
 
一人芝居で面白かったのは、じっとしていられず、動き回るシルバなんですが、ホールキャパの時は、ナオトのすぐそばを走り回ってるって感じだったのですが、今回の武道館では、おい、シルバ!ってナオトが呼ぶ目線とかが、えらい遠くで(笑)、うわ、シルバめっちゃ遠くまで走っていってるなー!!って話してました(笑)
武道館がそれだけ大きいってことですかね。
 
だから、最後に、試合開始となる場面でも、めっちゃコートが広く感じました。笑
ナオトの演技で、距離感とかも感じるようになったってことですよね!!
ちなみに、この日は、「村人」って言ってました。笑

 

世界を旅するコーナー

「チザーズ」の曲に載せて世界を旅するコーナー。
 

いろんな会場で見てきた日本地図ですが、武道館で見ると、さすがにステージも大きいので、地図が小さく感じました。
 
あと、今回、1階、2階スタンドは勝ち組とナオトいつも言ってますが、たしかに他の会場だと地図も見やすかったんですが、武道館の南スタンド1階の私らの位置からだと、地図は意外に目線が低すぎて見えにくかったです。笑
これは2階以上のほうが良かったかと・・・
 
あと各楽器も、スクリーンあるにせよ、ちょっと遠目だと何をやっているのか見えにくいので、ナオトが一言楽器を説明してくれるか、もしくは、スクリーンに楽器の簡単な紹介があっても良かったかなって思いました。
細かいことですがね!
 
だって、毎回楽しみにしているムビラが、大写しになればわかるものの、遠目だと全く見えません。笑
また、ファン・インティライミからすると、ムビラがどういうものかわかるものの、そこまでのファンじゃない人だと、よくわからないままスルーされちゃうと思うんですよね。
せっかく世界の音楽の旅って設定なので、ムビラがどこの楽器かわからない人も多いと思うので・・・
 
なお、この日のハクション担当キッズは、女の子でした。
いつものように好きな子の名前を聞かれ、いないって恥ずかしがってたのですが、横でお母さんがナオトって言うようにって言ったみたいで、ナオト!って言ってて、ナオトは喜んでいたものの、横でお母さんが言ってたのがバレバレで、「船場吉兆みたい(笑)」って(笑)
思わず、ナオト古っ!!って思ってしまいました。笑
後で、カツシゲさんのアナウンスでも、船場吉兆ネタ、拾われてましたね!!




声をふりしボーレ!選手権

このコーナーでも、武道館はほとんどの方が座ったままでしたね。
私らのいるスタンドはもちろん、アリーナも、後方の一部の方とかは、私らみたいにずっと立ったままの方もちらほらおられたんですが・・・
ふりしボーレなんで、立ったまま、声を出したほうが声がよく出てよいと思うのですが・・・
 
で、今回、キャパも大きいし、余裕で盛り上がりメーターも、100は超えるだろうと私も思っていたんですが、100もいかなくて(笑)
ナオトが、数字見て思わず、苦笑していたの、見逃しませんでした!!笑
 
そして、この日のルーレットさんは、小平から来たお父さんでした。
このお父さんが、ほんとに照れ屋さんというか、謙虚な方というかで、どんどんステージから遠ざかっていこうとするのが面白かったです!!
気がつくと、ほんとにステージ袖のほうに後退していってしまうので(笑)
そして、それを思わず、追いかけたくなるナオト、みたいな(笑)
 
ルーレットは、点数プラスルーレットさんの年齢、というのを引き当てて、お父さんの年齢は、たしか50才だったかな?!
なので、プラス50になったんですが、それでも全国では暫定14位でした。
ナオトに(年を)盛ればいいのにとか言われてましたけど(笑)
 
お父さんが、ついつい後退していきがちなので、ナオトは、そのまま帰り際に、振り返って手を振って!!って、「Start to Rain」のMVみたい!!ってウケてて、最後の最後に、お父さん、やらされてました(笑)
ウケます!!
 
この後、アンコールで、「Start to Rain」をナオトが歌ったんですが、その時、思わず、このお父さんの振り返り映像が頭をよぎりました。笑

 

ミュージカル&ピアノ弾き語りコーナー

今回のツアーで、唯一、私らが着席してステージを見る場面は、ここだけです。
会場が広いからか、状況がわかっておらず、冒頭、ナオトの歌にあわせて歌い出したり、手拍子する人がいたのはちょっとびっくりでした。笑
 
タップダンスは、回を重ねるごとに、スピード感も増して、上手になっていると感じました。
武道館では、光がとても綺麗に見えていたので、思わず、うわぁ!って歓声が上がってましたね、何度か。
 
個人的には、ピアノでの「LIFE」とかめちゃ好きなんですが、山梨初日の頃の初々しい感じの時のが良かったような・・・(個人的見解です)
最後のアウトロのところとか、かっちょよく弾いていてすごい!ってなるんですが、若干、かっこつけてるようにも見えてしまって・・・なんか取ってつけたような感じに見えてしまうので、それなら、もっと自然体でナオトらしくやってほしいような・・・って、私の言いたいこと、伝わりますかね?
 

でも、ピアノを弾き語るナオトを見ていて、ふと、初武道館の時の「キミライフ」弾き語りを思い出しました。
あの時、ナオト、大丈夫かな?!とそれはそれは祈るような気持ちで見守っていたことを思い出しました。
あの時、思わぬハプニングもあったんでしたよね、懐かしい・・・
 
あの頃に比べて、なんて今は余裕が出たんだろう、と、ナオトもそうだし、見ている自分もそうなんだなって・・・
月日が経ったのを感じた瞬間でしたね。




アノスバからのアワーズ

今回のセトリでは、やっぱり私は毎回言っていますが、「アノスバ」が一番好きです!!
これぞナオトって思う!!
だから、ライブ中、私が一番、熱く盛り上がっているのは、ここですね。
 
そうそう、武道館で、アノスバのイントロをナオトが弾き始めた時、ラテンな感じのかっこよい熱いイントロで、思わず、会場から、大きな歓声が上がったんですが、お一人だったので、若干、浮いてしまったんですよね。
 
でも、私、その方の歓声は、決して悪くない、むしろ、素晴らしいノリだと思っていたら、(自分も昔ならやっていたかもしれないし)そこはナオトも同じように思ったのか、すぐにその歓声をナオトは受けて、「アワワワワ~!!!」ってインディアンのような声をナオトが返したんです。
 
これには場内爆笑!!
 
私は思わず、旅歌ダイアリー2のアルバムの「SODADE」で、ライブレストランで歌うナオトに思わず、歓声が湧くその歓声もバッチリ入ってたじゃないですか?
あの中で、ナオトがやったみたいに、「アワワワワ~!!!」ってインディアンみたいな声が入っているじゃないですか?!
あれを思い出しました!!
 
「アワーズ」では、踊る私達のことを、ナオトが嬉しそうに見て歌っているなぁっていうのを感じましたね。
コールアンドレスポンスのところは、今回のツアーでは、だんだんその時間が短くなっているような・・・
ここをもうちょっとふくらませることが出来たら、もっと面白い気がするんですけど、時間的に難しいんですかね。
 
なんか今回のライブって、どうしても、見ているだけの状態が多い気がして、もっとみんなで声を出したり、歌ったり、踊ったり、ナオトと一緒に参加するような場面があれば、よりナオトらしいライブになる気がします。
ナオトのライブの良さって、みんなで創り上げるところだと思っているから、そういう意味での物足りなさはどうしてもあるんですよねぇ・・・今回。

 

アンコール!

この日も、もはや、ナオト・インティライミコールがほぼ定着していましたね。
それをカツシゲさんがうまーく引き取って、アナウンスしていました!!
ほんとカツシゲさんこそ、毎回、アドリブが多くて、大変だと思うんですが・・・
おつかれさまです!!




リクエストコーナーで新曲を披露

この日のリクエストコーナーでは、神奈川でもそうでしたが、またまた「Start to Rain」を歌っていました!!
 
それも、「武道館だからちゃんと歌う!」ってナオト言って、リクエストコーナーは、いつも座ってアコギ弾きながら・・・な感じですが、立って普通に歌いました。
というわけで、弾き語りではなく、ここはオケで歌ってました。
それもフルで。
 
神奈川は、ほんとにまだ弾き語りで歌っていたんですけどね。
(ちなみに、その後の愛知では、アコギを持って歌っていたものの、オケ流していました)
 
なお、この曲、ハイビスカス同様、特に一緒になにか動いたりってことはファンとしては何もないです。
それぞれで、好きなように身体を揺らしたりしながら聴く感じですかね。

 

最後はこの日もカーニバって終了!!

「Ballooooooon!!」は、武道館の1階席はまぁまぁスペースがあり、踊りやすかったです。
ヒラヒラテープは、さすがに1階の私らの位置までは来なかったですが、すでに持ってるので・・・
見た感じ、アリーナは大量に収穫があったみたいです。

 

なお、「カーニバる?」ですが、神奈川でも客席には降りてこなかったナオトなんですが、武道館はさすがに一切、降りてこなかったですね。
(ちなみに、愛知では3階まで行ってました)
 
左右に動くナオトを見ていて、初武道館での「カーニバる?」を思い出しましたが、あの時の場内の大興奮具合、爆発具合は、それはそれは、ほんとにすごかったなぁと・・・
純粋にとてもとても懐かしかったです。

 

なお、18時半スタートで、終わったのは21時15分ぐらいでしょうか。
思ったより早めに終わったので、その後、みんなで打ち上げに行ったのは、ネタバレなしのレポに書いたとおりです。
 

このお店の入り口にあったイラストには、ほんとびっくり!!(笑)
 

 


Start to Rain (初回限定盤 CD+DVD) [ ナオト・インティライミ ]

 


Start to Rain [ ナオト・インティライミ ]

 


ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 [ ナオト・インティライミ ]

 

以上、47都道府県ツアー、40公演目となる東京公演のネタバレありのレポでした。
ちなみに、ナオトがエンディングで挨拶する時、客電がついた途端、周りの関係者の皆さんが席を立ち始めたりして、そのすごい顔ぶれにステージのナオトに集中できなかったです(笑)
ツイートとかインスタに載せてる人ならOKだと思うんですが、それ以外の方は、許可もないしプライベートなことですから、どなたがいたのかは、書かずにおきますが、びっくりするすごい人いましたよ!!笑
東京の後は、愛知公演に参加してきましたので、続いては、そちらをUPしていきたいと思っています。










いいね!いいね! 6
Loading...
pagetop