【Nulbarich】日大商学部 砧祭ライブレポ(2019年11月3日) | りりぃさん's Room新館

りりぃさん's Room新館

音楽大好き女子によるライブレポを中心に、全国のライブ会場やグルメ・宿泊等の情報や、映画レビューなど♪

【Nulbarich】日大商学部 砧祭ライブレポ(2019年11月3日)





2019年11月3日(日・祝)に、日大商学部 砧祭でのNulbarichのライブに参加してきました!!
レポというほどでもないかもですが、記念に覚えている範囲で、残しておきたいと思います!!

2019年11月3日(日・祝)

今回の学祭ライブは、J-WAVEの平日月曜から金曜までオンエアしている番組、SONAR MUSICの主催なのかな?
NulbarichのJQさんも、月曜に番組内のコーナー、SONAR’S ROOMを担当しており、Nulbarichファンテキニは、もうおなじみの番組ですね。
 
そういうわけで、今回、Nulbarichが出演決まり、早速チケットをGETしました。
 
Nulbarichが学祭?とは意外な感じではありますけど、まぁ、SONAR MUSICの関係があるのでね。
 
学祭ライブは、私は、なにげに、これまであちこち行ってまして・・・それこそ数しれず・・・
中央大、東海大、多摩美などの首都圏のみならず、関西でも関西大、関西学院大、さらに愛知の大学などなど・・・オトナになってから、こんなにも学祭行く人もそうそういないんではないかしらってぐらい、どういうわけか、これまで行ってますねぇ・・・笑
 
自分が大学生の頃は、自分の大学の学祭以外に行こうなんて、まったく思わなかったけどね。
 
っと、話がそれましたが、今回の日大はお初でした。

 

 

日大商学部 砧祭

友達と祖師ヶ谷大蔵駅で待ち合わせて、徒歩で10数分で日大商学部に到着。
駅からとてもわかりやすい立地ですねぇ。
 
中はとてもコンパクトな敷地・・・あっという間にぐるっと回れるぐらいな・・・
まぁ、一つの学部で一つのキャンパスって考えると、逆に大きいぐらいなんですけど、普通の大学の規模を考えると、ずいぶんコンパクトな印象。
まぁ、逆に、日大そのものの規模が大きいってことなんですけどね。
 

こちらは、入ってすぐの受付でもらった砧祭のガイドブックテキナもの。
 

 
上に見えているステッカーは、J-WAVE SONAR MUSICのステッカーです。
各席に置いてありました。
 
ライブは、15時半開場、16時半開演ということで、夕方からだったので、学祭自体も1日の終盤な感じでしょうかね。
もう、片付け始めているところもあったり。
 
まだ、ライブまで時間がだいぶあったので、どうしようかなと思ってたら、ちょうど2階の講堂でお笑いライブやってまーすと学生さん。
どうせヒマなので、少し入って見ました!
 
学祭ライブ行く時は、なるべく、学祭自体も、少しは楽しむようにしているんですが、今回もちょこっとだけ味わえました。



会場の体育館に入場!席は・・・

その後、まだまだ時間はあったけど、とりあえず、会場の体育館に入りました。
自分の大学とかの体育館に比べると、かなり小さい印象かな。
高校とかの体育館の大きさみたいな?
 
とりあえず、バスケットのゴールが見えてたんですが、バスケのコート2面分?ぐらいしかないような・・・
横幅はあまりなくて、縦に長い・・・まぁ、一般テキナ高校とかの体育館って感じでしょうかね。
なので、一番後ろからでも、十分、ステージが近い。
 
入り口に、ブロック分けされた席の図が手書きで大きく書かれていて、貼り出してあったんですが、驚いたことに、一つのブロックあたり、1列目から5列目までしかない!!笑
 
ちなみに、私は、C3ブロックの1列目。
ちょうど前がBブロックとの境で大きく通路になっているので、見やすく、しかもど真ん中のブロックなので、とても良かったです!!
 
ぜんぜん、肉眼でJさんの表情がよく見えました!!

 

最初はFAITH

さて、16時半になり、MCのあっこゴリラさんが登場!!
 
あっこさんは、皆様ご存知のとおり、SONAR MUSICで月~金まで毎日MCをしているわけですが、今回、MCとしてわざわざ登場。
どうせなら、あっこさんも歌ってほしかったなぁ!!
 
で、最初は、FAITHというバンドのライブでした。
そう、実は、2マンライブ形式だったんですよね。
 
FAITHは、オフィスオーガスタの若手バンドで、オフィスオーガスタといえば、スキマスイッチや秦くん等でおなじみ~の素晴らしい事務所であり、個人的に、音楽的才能が相当あるアーティストしか入れないイメージの事務所なので、期待していました。
 
実際、まだ19才とかぐらいのすごく若いバンドとは思えない、びっくりな演奏と曲、ライブでした。
すごい才能!



待ってました!!Nulbarich

その後、転換の時間を経て、また、あっこゴリラさんがMCで登場。
あっこさんが喋っている間に、もう、バンドメンバーが登場したから、こういうパターンも珍しいなぁと思いながら見ていました。
 
そして、すぐにJQさんもステージに登場!!
 
9月1日のLocal Green Festivalでお会いしてから、約2ヶ月ぶりのJさんは、髪の毛がだいぶのびてて、色気が増してた!!
 
ジャケットの中に黒のお服(ロンT?)、いつものネックレスが、黒い服にキラキラ光ってたのが印象的だったなぁ。
 
ジャケットは、どこかで見たことあるような・・・?何の時だろう?
フォーマルに見えるけど、後ろを向いた時に、背中に数字とか大きく入ってる、遊び心のある凝ったデザインなのが、さすが。
 
トップスは、最近、よくボトムにインしてベルト見せてた感じでしたが、この日はトップスは出していましたので、ベルトは見えず。
 
ボトムは、青み?紫ぽい色味が入ったパンツで、前にもライブで見たことあるなぁって思いました。
さすがにお靴までは見えなかった・・・
 
メンバーは、ギター2人、ベース、ドラム、鍵盤で、いつものメンバーです。
ギターはナッポさんいました。

 

セトリと新曲初披露

まず、この日のセトリを先に書きますと・・・
 
1.It’s Who We Are
2.Voice
3.Twilight(新曲)
4.On and On
5.Look up(新曲)
6.Zero Gravity
7.Super sonic
8.Sweet and Sour
 
となっています。
 
特筆すべきは、新曲2曲、ライブで生初披露でした!!
これにはびっくり!!
 
Jさんいわく、学生さんにコビを売るために、新曲やります、とのこと(笑)
 
といいつつも、「Twilight」は、J-WAVEのキャンペーンのために、描き下ろした曲であり、J-WAVEへの思いも語っていましたので、ほんとは、そのあたりの事情もあると思います。
 
思えば、「Sweet and Sour」のライブ初披露も、3月のJ-WAVEのTOKIO HOT100のイベントライブでしたもんね!!
 
でも、まさか「Look Up」まで、惜しげもなく、ライブ初披露しちゃうとは思わなかったので、ほんとに驚きでした。
「Blank Envelope」リリースの時は、上記のJ-WAVEのイベント以外にも、たくさんライブがあったけど、あくまでツアー前は、披露するのを控えてる印象だったからね。
 
さいたまスーパーアリーナでのライブに向けて、いろいろ試してみたいのかなぁ?とか思ったり、リハがすごく調子がよくて、早くライブでやりたいのかな?とか思ったりね!!
 
「Twilight」は、「首都高の夜に聴いて」みたいなことを、Jさん言っていたんだけど、「夜の首都高で聴いて」って言いたかったんだろうなと、聞きながら思ってました(笑)
細かくてスイマセン。
そんなところもJさんらしくてかわいらしかったので。
 
私、この曲、ラジオでのオンエアもまだこの時点では聴いてなかったので、まさに、この瞬間が、初聴きでした!!
夜、ドライブしながら聴いたら、やばそうな曲でしたね。
 
「Look Up」の方は、これまで何度も聴いてはいたものの、実際に、ライブで生で聴いたほうが、より一層、素晴らしいと思いました!!
中盤から後半の盛り上がる感じといい、余韻といい、音源で聴いていた時より、ライブのほうが、曲の広がりをすごく感じました。
 
あ、「Look Up」の時、楽しい時もあるでしょう・・・みたいな、前によく「Sweet and Sour」の曲前に言っていたようなMCをしていたな、Jさん。



Jさん、人生初の学祭

この日、Jさんは、結構、よく喋っていた印象でしたねぇ。
冒頭から、「大学の学祭は人生初。憧れてたぁ・・・!!」と、それはそれは、嬉しそうに喋ってましたねぇ!!
言い方が可愛かった。
 
学生さんに、年下ってことでしょ、みたいなこといって、センパイ風吹かせてみたり(笑)
 
そうそう、「On and On」で声を出させていた時に、途中で、Jさんてば、
「はい、1年集合!!ぜんぜん声出てない!!」みたいなこと言ってて爆笑!!
部活か!!笑
 
あ、「On and On」は、ちょっと久しぶりでしたね。
でも、なんか、この日、砧祭に向かってる時、今日、この曲やりそうな予感がしたんですよねぇ。
そういうのって、意外に、当たったりするから不思議!!
 
あと、砧祭が読めなかったと、Jさん(笑)
きぬたさい、ね。
そっか、このあたりに土地勘がない方だと、読めないんだなぁって、私テキニはちょっと驚いたんですけどね。
 
Jさんの言い方が可愛かった。
最初、読めなくて、検索できなかったと。笑
マネージャーとの砧祭の字を、読める、読めないのやり取りの話も可愛かったなぁ。
マネージャーさん、Jさんのこと、Jさんって呼んでるんだね。笑
 
何曲か歌い終わった直後に話しだした時、「息切れてるわ」って言ったJさんに、すかさず、素敵なBGMテキナ演奏を、鍵盤さんがしてくれて、Jさん嬉しそうだったなぁ!
すばらしい配慮とタイミングで、さすがでした!!
 
ただ、だんだんそのBGMが、なんだか良いこと言わないといけないみたいな感じの音になってて(笑)、「なんか良いこといわないといけないみたいになってる・・・オチないから」みたいにJさん言ったら、これまた、すぐさま、今度はちょっと楽しい感じの演奏にさっとさりげなくチェンジしてくれて!!
 
いろいろすごいぞ、Nulbarich、って思いました。笑
 
あと、思い出したんで、追記すると、砧祭の運営の学生さんたちが、Jさんたちのところにライブ前に挨拶に来てくれたそうなんですが、この日のために、半年かけて準備してきたって言っていたそうで、その話から、「僕たちもツアーとかライブには、半年かけて準備するんだけど、あっという間に終わってしまう」というような事を言っていましたね。
 
さらに、思い出した話が、J-WAVEでコーナーを持っているって話で、Jさんは、
「僕もSONAR MUSICの月曜日を担当させてもらってて・・・あっ、(まるまる番組を担当してると思われそうな言い方したと気づいたのか)その中の1コーナーなんですけど、毎回、お題が決められて話す、大喜利みたいなコーナーなんですけど・・・」
 
大喜利って!!(爆)
SONAR’S ROOMは、Jさんが、そのルーツとなる音楽やカルチャーについて語るというわりとマジメなコーナーなんですけどね(笑)
 
しかも、Jさん、「ネタがもうないんっすよね・・・笑」だって!!
かわいいなぁ!!

 

終わりたくないと駄々こねるJさん(笑)

「Zero Gravity」からの「Super sonic」で、かっこよく盛り上がった後、「次で最後の曲です」ってJさん言うもんだから、「えー!!」ってそりゃ叫ぶわけですけど、そしたら、Jさん、「よく教育されてんな・・・」だって(笑)!!
いちいちおもしろい。
 
で、学生さんにコビ売ったから、告知させてもらう、とか言って、ミニアルバム「2ND GALAXY」リリースのことと、12/1のさいたまスーパーアリーナのライブの告知をしていました。
 
さいたまスーパーアリーナについては、「こっからなら、徒歩っしょ!!」って学生さんに言うJさん(笑)
そういいつつも、「時間とお金がゆるせば」と誘い方もJさんらしく優しい。
 
で、最後といいつつも、なんだかんだで喋ってるJさんなんだけど、
「実は、終わりたくないから、駄々こねてるだけなんだけど」だって!!(笑)
 
可愛すぎかー!!!
 
で、最後は、「Stop Us Dreaming」かとてっきり思っていたら、流れてきたイントロが、「Sweet and Sour」だったので、ええ?!ってびっくり。
 
でも、考えてみたら、「Sweet and Sour」やってなかったんだよね。
今年、「Blank Envelope」リリース後、いろんなイベント等に出ても、この曲やらなかったことって、ほとんどなかった気がするから、そりゃ当然といえば当然ですもんね。
 
曲のイントロでは、「My mum said・・・」といつものMCを言って、曲に入りました。
 
なんか久しぶりのライブだったのもあってか、Jさん、すっごく楽しそうだったなぁって思いましたね、この日は!!
 
こうして、ライブは終わり、Jさんもメンバーも下がってしまいました。
 
すぐにあっこゴリラさんが出てきて、最後のシメのご挨拶があり、ライブは終了となりました。

 


【楽天ブックス限定先着特典】2ND GALAXY (オリジナル缶ミラー75mm付き) [ Nulbarich ]

 

以上、砧祭でのNulbarichのライブを中心に書いてみました。
なお、この日のライブの模様は、J-WAVE SONAR MUSICの番組内でオンエアされたみたいですが、私、まだ聴けていません。
後で、ラジコで聴きたいと思っています!!
以上、レポになってるかわからないけど、久々のNulbarichは、やっぱり最高すぎました!!
ますます、12/1が楽しみにー!!
これで一般2000円(学生1000円)とは、やはり、学祭ライブってお得だなぁ!!










いいね!いいね! 1
読み込み中...
pagetop