WEAVER「WEAVING ROOM」〜Festival of WEAVER〜from YouTube Space Tokyoレポ@六本木(2018年7月7日) | りりぃさん's Room新館

りりぃさん's Room新館

音楽大好き女子によるライブレポ♪全国のライブ会場やグルメ・宿泊情報などライブ活動・遠征お役立ちサイト

WEAVER「WEAVING ROOM」〜Festival of WEAVER〜from YouTube Space Tokyoレポ@六本木(2018年7月7日)





2018年7月7日(土)の七夕の夜、六本木のYouTube Space Tokyoで行われたWEAVERWEAVING ROOM〜Festival of WEAVER〜from YouTube Space Tokyoに当選し、会場に参加してきました。
だいぶ時間が開いてしまいましたが、貴重なライブに参加できた記録を残しておきたいと思います。

七夕=Festival of WEAVER

この日は7月7日、七夕。
七夕を英訳すると、Festival of WEAVER
まさに、WEAVERの日ともいえるこの日、スペシャルなライブが開催されました。
 
WEAVERは、今年、WEAVING ROOMというイベントを六本木VARITで毎月のように開催していて、その時ごとに、アコースティック編だったり、メンバーが順番にそれぞれフィーチャーされてのイベントだったり、かなりアグレッシブな活動をしています。
 
私もそのWEAVING ROOMに参加したかったのですが、何しろ、キャパのとても小さなところで、いつも(あえてだと思いますが)やっているので、参加できる人も限られますよねぇ。。
ということで、これまで、六本木VARITでのWEAVING ROOMには参加できずにいました。
 
今回は、その出張編ともいうべき、スペシャル編で、会場も六本木ヒルズのYouTube Space Tokyoで、無料でライブ配信するということだったので、当初は配信を楽しみにしようと思っていました。

 

まさかのTwitter当選!

実際の会場に参加の先行は、WEAVERのFCにあたるWOWで行われたようです。
ようです・・・と他人事な書き方ですが(笑)、というのも、私、WOWに入りたいとずっと最初から思いながらも、入っていないんです。。すみません。。
 
というのも、言い訳になりますけど(笑)、ご存知のとおり、すでに多数のアーティストのFCに入っている私(現在5つ入っています。苦笑)、これに加えてWEAVERも入るのは、かなり大変で・・・
泣く泣く我慢していました。
 
ところが、ある日、Twitterで、主催側が行っていたと思うんですが、よくTwitterである、「このツイートのアカウントをフォローしてリツイートで当たる!」という招待企画をやっていたんです。
 
まさか当たるわけないと思いながらも、もともとフォローしていたアカウントでしたし、リツイートだけしておきました。
 
すると、何日か後、忘れかけた頃に、DMが来ていて、私がTwitterで当選したとのこと!!
 
こんなことまぁ、前にもニュージーランド航空のプレゼント応募とかでTwitterで当たったことはありますが(笑)、さすがにライブ当選は初めてだったので、びっくり!!
同時に、本当に当選したのかかなり不安で、何かの怪しい詐欺的なものじゃないかとかなり疑っていたのも事実(笑)
 
ですが、結局、怪しいものではなくて(笑)本当に当選していました!!
こんなことあるんですねぇ!!応募してみるもんです。
 
実は、以前、WEAVERのライブ応募で、クルーズ船でライブが見れるというのがあって、それにも当たったことがあったんです。
ところが、当選メールが前日とかえらい直前すぎて、そのメールを見たのが船がすでに出た後だったという(苦笑)
これはさすがに先方も連絡がおそすぎると思うし、その件はメールでクレームしたんですが、音沙汰なかったですね・・・
 
というわけで、私、意外に、WEAVER運はあるのかもしれませんね。
そして、もしかして、今回は、主催は全く違うけど、その時のリベンジなのかも!!




2018年7月7日 六本木ヒルズ

当日はすでに梅雨明けもしていて、かなり暑い日でした。
16時半開場ということで、六本木ヒルズ森タワーのロビーに行くと、すでに参加者の受付の列が出来ていました。
 
その最後尾に並んでいると、スタッフの方がやってきて、WOW当選じゃない方は受付が別です!とのこと。
まさにWOWでの当選じゃないので、受付が違かったみたいで、ついていくと、WOW当選のように列が長くない(笑)招待の列に並ぶことに。なんだかVIP感(笑)
 
どうやら、Twitterでの当選は多分10~20人程度だったのではないかと思われます。
ただ、席は、当然ながら、WOW会員のほうが前で、WOW会員は席番号も指定されていたようです。
Twitter当選者は、そのWOW会員の番号の後、60番以降だったかな?のあいている席に自由に座ってくださいということでした(笑)

 

29階 YouTube Space Tokyo

エレベーターで29階に上がり、会場となるYouTube Space Tokyoへ。
受付で言われた通りの60番以降のあいている席に陣取りました。
 
私は早いほうだったみたいで、好きな場所を選び放題な感じで、WOW当選者の最後列のすぐ後ろ、当然ながらおっくん側(笑)に座りました。
 
オシャレなイベントスペースかバーみたいな雰囲気の空間で、周りには大画面のスクリーンがあって、ずっとWEAVERのMVがかかっていました。
 
ステージもかなり小さい(ステージというのか?)し、そもそも今回、観覧できた人は全部でも80人程度じゃないかなと思います。
なんと狭き門!!!
その狭き門に入れたということが、本当にびっくりです。
 
ライブ前は、自由に撮影してSNSとかに上げてください!ということでした。
 

 
私の席からはこんな眺めでした。




七夕の願い事

会場の入り口に、笹の七夕飾りがあって、受付した時にもらった短冊風の星の紙に、それぞれ願い事を書いて、笹に飾り付けるようになっていました。
 

 
いろんな色のペンも用意されていて、みんな順番に書いては飾り付けていました。
いつも思うけど、WEAVERのファンは、皆さん大人しい方ばかりなので、特に混雑したりも何もなく、非常に穏やかに皆さん、飾り付けをしたり、写真を撮ったりして過ごしていましたね。
 

私もせっかくなので書いてみました。
 

 
自分の願い事っていうより、WEAVERへの応援メッセージになってますね(笑)
もっとキレイに書けばよかった・・・苦笑
 

WEAVER3人の願い事も飾ってあり、撮影しました。
3人のはハート型でした!!ファンは星型。
 

 
私としたことが、なんとまぁ、べーちゃんのが見切れてしまって映ってないんですが(苦笑)
あらら・・・

 

この日のセットリストは・・・

17時半になり、ライブスタートです。
今回は、着席したままライブを観覧するようにと注意がありました。
 
最初にべーちゃんが出てきて、続いておっくん、最後に杉くんが登場!!
 
この日のセットリストは、以下のとおりです。
 

  • 1.Welcome!
  • 2.夢じゃないこの世界
  • 3.66番目の汽車に乗って
  • 4.新世界
  • 5.Beloved
  • 6.Time Will Find A Way
  • 7.管制塔
  • 8.Shine
  • EN.最後の夜と流星(2回演奏)

 
19時終了予定ともともと聞いていたので、MCも含めだいたいこのくらいかなといったところでしたね。
 
今回は、七夕ということもあり、星や月などにちなんだ曲が演奏されました。
3曲目の「66番目の汽車に乗って」は、やはり歓声が上がってましたね。
個人的には、「Beloved」が久々に聴けて嬉しかったです。
 
なんか近すぎて(といっても、全体の中ではもちろん席は後方なんですがそれでも近いですよね)、おっくんを見たいんですけど、恥ずかしくて直視できないみたいな(笑)




いつものライブと違う雰囲気

ずっと着席のままいるようにとのことだったので、盛り上がりたいのに立てないし、周りの皆さんも、いつになくおとなしいので、手も上げるにあげられず、若干、フラストレーションがたまりましたが(笑)
 
それでも、「管制塔」では、我慢できず、手をフリフリ!!
他の皆さんも何人かは振ってましたね。別にいいと思うんだけどなぁ・・・
みんなお行儀がよいのよね、そこもまたWEAVERファンらしいといえばらしいけどね。笑
 
でも、本編ラストの「Shine」では、さすがに多くの方が手をあげてましたね!!
飛び跳ねたい衝動に駆られつつ、ライブは終了しました。
なんとも贅沢なライブでした!!

 

最後の夜と流星

いったんステージをはけた3人。
その直後に、スクリーンに文章が映し出され、人気声優の花澤香菜さんのナレーションが始まりました。
独特のかわいらしい夢のあるナレーションと、人工流星という何ともびっくりな内容に驚きつつ、映像と声を楽しんでいたら、いいところで、急に映像が止まってしまいました!!
 
えええーって思っていると、そこへWEAVERの3人が再登場し、べーちゃんが映像は止まってしまったけど・・・といった感じで、冗談を交えつつ、WEAVERの新プロジェクト「流星コーリング」の話を始めました。
 
べーちゃん、映像が止まるハプニングにも、落ち着いていましたねぇ。
かつては、人前だとMCが出来なかったべーちゃんが、本当に変わりましたね・・・(遠い目)。
 
べーちゃんの、いや、作家・河邊先生による小説第2弾となる「流星コーリング」と、WEAVERの音楽との融合による新たなWEAVERのプロジェクト。
 
そして、最後に、そのプロジェクトと一体になって始まる新たな新曲「最後の夜と流星」が演奏されました。
こうして、ライブは終了し、また、3人はステージを去っていきました。




最後にもう1回

がっ、ここで終わりのはずでしたが、やはりせっかくの新プロジェクトの発表が、映像が止まってしまうハプニングのままで終わるのも・・・ってこともあったのか、もう1度そこだけやり直しになりました。
こちらとしては、もう一度WEAVERのライブが見れるのでラッキー。
 
準備の間に、スタッフさんがお待たせして申し訳ない、と、なんとペットボトルのお水やジュース類を一人一人に配ってくださったんです。
そんなに待ったってほどじゃないのに!!
暑い日だったので、ありがたく頂きました。
 
こんな時でも、WEAVERファンはみんな優しい人ばかりなので、ペットボトルをリレー方式でどんどん各自で回していきます。笑
 
そして、再度、映像からやりなおして、今度は止まることなくうまくいき、WEAVERの3人がまたまた登場して、「最後の夜と流星」を再び熱く演奏!!
いきなり新曲を2度生で聴けちゃいました(笑)

 

 

ライブの模様は期間限定でまだ全編無料配信中!!

なお、このライブの模様は、生配信されていたわけですが、期間限定でまだ無料で配信されており、現在も観ることができます!!
 
観れるうちにぜひどうぞ!!1時間ほどたっぷりまるっと観れます!!ありがたい。
 

 
新曲「最後の夜と流星」も観れます!
ちなみに、2回目の演奏のほうです。ここだけ編集するって言ってました(笑)

 

【流星コーリング特設サイト】
http://www.weavermusic.jp/ryuseicalling/
 


 
最後にもらったフライヤーです。

 

新曲「最後の夜と流星」は現在、配信中です!!↓
 

 

以上、WEAVERのスペシャルなライブにラッキーにも参加出来たレポでした!!
考えてみたら、今年に入ってから、WEAVERに会ったのは今回が初かも・・・
前に会ったのはいつだろう?って考えたら、去年の10月のZepp DiverCity Tokyoでのツアー初日以来だ!!結構、間があいちゃいましたね。
次に会えるのはいつだろう?










いいね!いいね! 2
Loading...
pagetop