ap bank fes’18レポ5(7/15)@つま恋(LUNA SEA~スガシカオ~Bank Band終演編) | りりぃさん's Room新館

りりぃさん's Room新館

音楽大好き女子によるライブレポ♪全国のライブ会場やグルメ・宿泊情報などライブ活動・遠征お役立ちサイト

ap bank fes’18レポ5(7/15)@つま恋(LUNA SEA~スガシカオ~Bank Band終演編)

つま恋で6年ぶりに開催されたap bank fes’18に、7月15日(日)と16日(月・祝)の2日間、参加したレポの続きです。
※これまでのレポ(7/15)
レポ1(到着~思い出のkotiの丘編) レポ2(オープニング~ナオト編) レポ3(スカパラ〜昼食〜ROGUE編) レポ4(Mr.Children編)
ミスチルの感動のライブが終わり、いよいよトリのBank Bandを残すのみです。この時間は、ゲストにLUNA SEAから3人と、スガシカオさんが登場し、オオトリはBank Bandのみの演奏でした。




Pihaでキウイのスムージーを買ってライブエリアへ

ミスチルライブが終わり、また、少しゆったりとしたブロック内。
最後のBank Bandの時間を待つだけとなりました。
さすがに17時を過ぎて、あんなにも暑かった日差しも少し和らいできましたが、それでもまだまだ暑いです。
 
この転換(休憩)の時間に、私、いったんPihaの方に一人で出たんですが、帰りになんか冷たいものを買ってライブエリアに再び戻ることにしました。
 
かき氷がいいなぁと思ったんですが、ブロック内で食べ終わった容器をずっと持ってるのも邪魔だなぁと思い、キウイのスムージーを買ってみました。
 

 
飲んだ後みたいに見えますが、もともとこの量なのですよ。
ちょっと酸っぱくて、暑さで疲れ切った身体にとっても美味しく感じました!!
 
買っているうちに、すでにもうBank Bandの時間が始まり、早速、ゲストのLUNA SEAから3人の皆さんが登場しているのが、聴こえてきていました。

 

Bank BandとLUNA SEAから3人登場

ライブエリアに再び戻ると、すでにLUNA SEAから3人が登場し、盛り上がっていました。
RYUICHIさん、SUGIZOさん、INORANさんの3人です。

SUGIZOさんは、たしかリボーンの時も出ていらしたけど、RYUICHIさんを見るのは私も初めて!!
生の河村隆一さんだー!!
 
LUNA SEAの3人と櫻井さんの共演というのも、ものすごくレアですよね!!
櫻井さん自身、3人がステージをはけた後に、感慨深げに話していたんですが、同じ時代を音楽で駆け抜けてきたまさに同世代同士ではあるんですが、音楽のジャンルが違うので、これまで意識はしていても、一緒になることはなかったと・・・
 
でも、今回、こうして奇跡のコラボが実現し、もはや音楽のジャンルとか全く関係なく、ただただ音楽を愛してきた者同士として、ものすごく共感する部分があったようで、櫻井さんも、LUNA SEAの3人も、すごく感無量そうだったです!!
 
櫻井さんが、この日、たしかミスチルのライブの時だったかな?言っていたんだけど、apはみんながすごくあたたかくて、自分たちが演奏している時も、みんな(客)からは見えないと思うけど、ステージの袖で、ずっと演奏を見守ってくれているって話していてね。
 
LUNA SEAのはけた直後に、櫻井さんが、
 
「実は、さっき、話していた、ステージの横でずっと見守ってくれているっていうのは、SUGIZOくんのことなんだよね。彼は今日、もう最初からずーっとステージ横で見てくれていたんだよ!!」
 
って、とてもうれしそうに話していました!!
SUGIZOさん、素敵な方!この暑い中、大丈夫だったでしょうか?
その気持ちがとっても嬉しいですよね。
 




スガシカオさん登場!!

Bank Bandのこの日の最後のゲストは、スガシカオさん!!
 
櫻井さんが、「音楽業界のなかでは、一番の親友であり、自分が一番、毒を吐く相手」というようなことを言って、シカオちゃんを呼び込みました。
 
シカオちゃんは、さわやかな白地にドット柄のシャツで登場し、暑い中、涼し気な風を起こしてくれたようでした。
この時間に自分でいいのか?!みたいなことを言っていたような・・・
まさに、トリですもんね!!
 
といいつつも、ap bank fes’05の第一回の時にもゲストとして出演していたシカオちゃん、もはやapの常連ですが、御本人も第1回からゲストで出ていることを誇りとしてくれているようでした!!
 
今回、午後パレやらないかなぁって思ったんだけど、やってくれなかったんですが、最後の最後で、シカオちゃんが櫻井さんに今回はこれやろうよってことで、やったのが、まさかのフジファブリックの「若者のすべて」のカバー!!
 
まさかシカオちゃん交えてこの曲のカバーを聴けるとは思わなかったですねぇ!!
めちゃめちゃ盛り上がりました!!
 




オオトリ、Bank Bandで1日のシメ!!

シカオちゃんがステージをはけて、いよいよ最後は、オオトリ、Bank Bandのみでの演奏でシメとなりました。
 
この日のBank Bandのセトリを先に書きますね。
 
1.Drifter
2.僕らが旅に出る理由
3.こだま ことだま
4.to U
5.MESSAGE
 
以上です。
 
翌日16日と、1曲目だけが違っていました。(16日は「糸」)

 
ところがですね、私、この日は、Bank Bandのこの時間も、ステージ左側の最前で見れていたんですが、もうこの時間には、というか、ミスチル後は、特に2列め以降が来なくって(笑)
めちゃめちゃこの日は、ゆったりと見ることができて、ラッキーでした。最前なのにね。
 
でも、最前のブロックとなると、終演後の規制退場で最後のほうになるのは必然で、終演後、1時間ぐらいは待機となることがわかっていたので、ここで、私、思い切ってトイレタイム・・・苦笑
 
ところが、だいぶこの時間に早めに帰ろうとする人も多くて、トイレに行って戻ってくるのに、結構な時間がかかってしまいましたね。
横のPihaの方から行けるならすぐに戻れたんですが、19時を過ぎるとPihaのほうの抜け道が閉鎖されてしまうんで、しかたないんですけどね。
 
まぁ、翌日の16日もバッチリみれてるので、いいんですが・・・
 
ということで、3曲目の「こだま ことだま」ぐらいでやっと戻れた感じでした。
 
そうそう櫻井さんが、
 
「今頃、涼しくなってもねぇ・・・」
 
って言っていたのも印象的だったなぁ。

 

to UからのMESSAGE初披露

だいぶ薄暗くなったライブ会場。
櫻井さんが、「ついにこの曲を演奏する時間帯になってきました」と言って、「この曲の相方を紹介します!!Salyu!!」と、Salyuを呼び込みました。
 
Salyuは、この日、私は休憩しちゃってたけど、ゲストでもあったので、最後に出るのもまぁ予測はつきましたが、結局、翌日も最後に登場していました。
 
そして、「to U」を・・・
 
つま恋に響く「to U」は、なんとも言えない厳かな雰囲気ですよね。
やはり、apの永遠のテーマソングだと改めて感じましたね。
 
今回は、Bank Bandと、櫻井さん、Salyuが並んで、オーソドックスな原型な感じで、演奏されたんですが、この曲といえば、やっぱり、最後にこの日のゲストがみんなapのTのシャツで登場して、大合唱というのが、お約束だったので、それがなかったのが、ちょっと(かなり)残念!!
 
まぁ、今回、大事なのは、この次の新しい曲が生まれたということであり、この日、初披露されました。
 
それが、「MESSAGE」です。
 
しっとりと演奏され、ついに6年ぶりのつま恋でのapの1日目というか2日目というか・・・が終演となりました。
 
最後に、櫻井さんがまず、この日のゲストを全員紹介!!
といっても、もう帰っちゃった人もいるとかいって、名前だけの紹介となりました。
 
さらに、Bank Bandのメンバーを紹介し、みんな出てきて手をつないでご挨拶!!
 
その後は、以前のように、左右の花道にまで来てくれることはなく、普通にステージを手を振って去っていきました。
 
うーん、よかったんですが、帰ってしまった方もいるとは思いますが、やっぱり、最後にゲストも出てきて大団円!!が、apらしくて素敵だったんで、期待しちゃいましたねぇ・・・
時間的に無理なのかしらね。
最後の最後にまたナオト見れるかなと期待しちゃいましたけどね。
まぁ、きっとすぐ裏にはいたでしょうけども・・・




規制退場まで楽しいap

終演後は毎度おなじみの規制退場となります。
規制退場を避けたい人は、すでに早めにライブエリアを出ていると思いますが、最後まで楽しんだ人たちは、規制退場となります。
 
もはや、みんな、特に私のいた最前のブロックなどは、慣れているので、すぐには退場できないのはわかっているので、シートを敷いて休憩です。
 
私のap持ち物リストを見てくれたのかな?と思われるような、プリッツを食べてのんびり待機している方なんかもいましたね(笑)
私も、プリッツを食べながらシートに座ってのんびり待ちます。
 
この時、すぐに規制退場のアナウンスで登場したお二人。
昔は男性お一人でやっていましたが、今回は男性の方(この方は3日間ずっと。ap’05からやっていると仰せでした)と、地元静岡のラジオパーソナリティの女性の方と二人で、軽妙にお喋りをしながら、うまく規制退場のアナウンスをしてくれていました。
 
第一回の時から、apの規制退場アナウンスは素晴らしくて、今回も、特にこの日のお二人のコンビが最高でした!!
聴けば、二人は今回が初対面だったそうなんだけど、夫婦漫才のように息ぴったりなコンビでしたよ(笑)
 
暑い中、みんな疲れている上に、さらに小一時間はその場で出られず待たなくてはいけないという中、そんな疲れも忘れさせてくれ、むしろ、お喋りが面白くて、楽しく聞いているうちに、あっという間に順番って感じで・・・素晴らしかったです。
 
お二人が、みんな今日は疲れてるから、絶対お風呂ためて浸かってね、と言ってて、たしかにそうだなぁと、この夜、ホテルの大浴場に行ったりしたしね。
 
各ブロック呼ばれると、みんな疲れてるはずなのに、猛アピールで手を振ったり、ジャンプしたり(笑)そんなことに体力使わないで温存して!とかって言われてましたけどね(笑)
こんなやり取りも、apらしいところというか、とてもあったかかったですね。

 

夜ご飯はkotiでイルギオットーネのパスタ!

結局、うちらのブロックは、最後から2番めに呼ばれるという・・・まぁ、最前ブロックだからしかたないんですけどね。
時間は特に私達は気にしていないので構わないのですが。
 
帰りに真っ暗な中、ちょっとした坂みたいな足元悪いところを登るのが恒例になっていたんですが、今年はその点も改善されていて、暗闇じゃなく、明かりがちゃんとついてて足元もしっかり見えてたし、足元悪かった例の箇所もなくなって(整備されていた)いたようでした。
 
とはいえ、頭にライトがつく帽子?!みたいなのを自前で持ってきているカップル?がいたのには、友達とびっくりしましたが(笑)
さすがに、私も、持ち物リストには書いてなかったですね。笑
 
夜ご飯は、今回もkotiで食べようとやってきましたが、これまでなら、この時間帯は、フードエリアもだいぶ人が少なくなっているはずなんですが、今年は、いつまでも人が少なくならなかったですね。
 
で、食べたのは、apといえば、のイルギオットーネが、今回も出店していたので、そこでパスタとブラッドオレンジジュースを買いました!!
 

 
あいにく、食べたところが暗かったので、こんな写りになってしまいました。苦笑
 
イルギオットーネでは、今回、パスタは、1種類のみ。
とろとろに煮込んだ豚肉とズッキーニの手打パスタ 京七味風味でしたが、これがめちゃ美味しい!!
 
まぁ、イルギオットーネですから、当然なんですが、毎度ながら、フェス飯で名店の味が手軽な値段で食べられるんですから、ありがたいですよね。
 
今年のフードのなかで、私の中で、間違いなくナンバー1を受賞です!!
悔やむべきは、写真の写りでしょうね。。。暗かったのが残念。
 
あと、ブラッドオレンジジュースがまた、とっても美味しかったんですよ!!
疲れた身体に、さっぱりとしたちょっと苦味のあるブラオレが最高!!
 
あまりに美味しくて、実は、翌日にも飲んでしまいました(笑)
お店の店員さんも、手慣れた人さばきで、対応も素晴らしかったです!




帰りのバス待ちは結構きつかった

21時を過ぎると、kotiのフードエリアは閉店となり、スタッフさんに帰るようにと追い出しされます。まぁ、これもいつもの光景・・・
 
でも、このぐらいの時間になると、いつもならほんとに人が少なくなるんですが、今年はいつまでも人があまり少なくならなかったですねぇ。
まぁ、翌日もあるからっていうのもあるけど、それにしても、かつてに比べれば、ずっと人が途切れない印象。
 
おかげで、つま恋から掛川駅行きのシャトルバス乗り場も、こんな遅い時間なのに、珍しく結構な人で、並んでかなり待ちました。
いつもなら、この時間はスイスイなんですけど・・・
並んでいる時がまた、暑くて暑くて・・・結構きつかったですね。
 
なお、帰りのバスで、友達にバッタリ会ってこれまたびっくり!
これだけの人の中で会うってかなりの確率!!
 
掛川駅からは、ローカル線に乗り継いで、ホテルへ戻りました。

 

7月15日はこれにて終了です!!
暑い暑い・・・でも、最高な1日でしたね!!
熱中症で倒れることもなく・・・意外に、今年は元気で過ごせたほうかも・・・とはいえ、尋常じゃない暑さでしたけどね!!
次は、翌日の16日のレポを書いていきますね!!

 
過去のap bank fesのDVD、久しぶりに観てみるのもありかな~?
↓こちらは、ナオト・インティライミがメインステージに感動の初出演を果たしたap bank fes’11のDVDです!!
いつ見ても、涙なくしては見られないシーンです!!
その他、上記に出てきたシカオちゃんや、スキマスイッチ、KANさんなども出演しています。
 


ap bank fes ’11 Fund for Japan [ Bank Band with Great Artists ]










いいね!いいね! 4
Loading...
pagetop