back number dome tour 2018 “stay with you”@東京ドーム2日目(ネタバレ解禁にともないレポあとがきテキナ) | りりぃさん's Room新館

りりぃさん's Room新館

音楽大好き女子によるライブレポ♪全国のライブ会場やグルメ・宿泊情報などライブ活動・遠征お役立ちサイト

back number dome tour 2018 “stay with you”@東京ドーム2日目(ネタバレ解禁にともないレポあとがきテキナ)


back numberの初となるドームツアーが、先日の京セラドームにてfinalを迎え、終了しましたね。
私は、2018年8月12日(日)、東京ドーム公演2日目に参加しました。
ネタバレなしのレポはすでにこちらにUP済みですが、この記事では、ネタバレ解禁を受け、セットリストと私なりの感想、ネタバレなしのレポには載せていなかった写真をUPしたいと思います。




2018年8月12日(日)東京ドーム2日目

すでに書いたとおり、ネタバレなしでのレポを、こちらにUP済みです。
そちらに全体的なことを書いていますので、今回はネタバレ解禁ということで、そこには書けなかったり、載せられなかった写真たちを追加する記事としたいと思います。
 

まずは、参加した日の私のチケットはこちらです。
back numberのファンクラブであるoneroom先行でGETしたチケットです。
 

 

アリーナ20数列目で、センターちょい和也さん寄り、通路側という良い席でした。
チケット代8000円になったんですねぇ・・・いつの間にか・・・(遠い目)。
 

こちらは、当日、開演前の和也さんのツイートです。

 

セットリスト

この日のセットリストは以下になります。
 

  • 1.瞬き
  • 2.SISTER
  • 3.ARTIST
  • 4.青い春
  • 5.チェックのワンピース
  • 6.エンディング
  • 7.ハッピーエンド
  • 8.ゆめなのであれば
  • 9.半透明人間
  • 10.海岸通り
  • 11.西藤公園
  • 12.重なり
  • 13.クリスマスソング
  • 14.ヒロイン
  • 15.stay with me
  • 16.大不正解
  • 17.MOTTO
  • 18.スーパースターになったら
  • 【アンコール】
  • EN1.ネタンデルタール人
  • EN2.ささえる人の歌
  • EN3.高嶺の花子さん




今回のセットリストについての感想

新旧うまく織り交ぜたセトリだったなぁと今あらためて思いますね。
いきなり1曲目が「瞬き」というのにはびっくりでしたが。
 
個人的には、久しぶりの「半透明人間」「海岸通り」からの流れがやはり嬉しかったですね!!
 
最近のファン向けに「クリスマスソング」や「ヒロイン」は外せないところでしょうね。
しかし、この直後に「stay with me」を持ってくるあたりが、back numberの真骨頂はこっちだよ~って言っているみたいで、たまらなかったです。
 
初武道館の時同様、ツアータイトルからして、やるとはもちろん思ってますが、改めて良い曲だなぁと・・・
back numberにしか作れない曲ですよね。
この曲が、こんなにも早く、東京ドームで聴ける日が来るとは、ファンになった2011年当時は全く想像もしていませんでした。
 
嬉しかったのは、アンコールで「ささえる人の歌」をやってくれたこと。
ドームでの披露は、特別な想いがあったことでしょうね。
 
ちなみに、京セラドームでは、この前に新曲「オールドファッション」を初披露したとか!
ぜひ、生で聴きたかったですが、東京ドームは8月でしたから、致し方ないです。笑
 
唯一、ちょっと惜しかったと思ったのは、「そのドレスちょっと待った」がセトリに入らなかったことでしょうか。

 

ライブハウスでもドームでも、全く変わらない彼ら

入場時にもらったフライヤーたちの中に、彼らではおなじみのウェルカムカード的なものが今回も入っていました。
 

 

まさにここに書かれている通り、彼らは、ライブハウスでもドームでも、全くそのパフォーマンスもライブも変わりませんでした。
 
これは、彼らのポリシーなんでしょうね。
ドームだからといって、特別なことはしない・・・という依与吏さんの言葉に全てが現れていると思います。
京セラでは、「ダンサーは出てきません(笑)」って依与吏さん、言ったとか!笑
そりゃそうですよね、出てきたら逆におかしいですよねぇ!でも、そんなところがまた彼ららしいというか。
 
個人的には、渋谷のO-EAST(1000人程度)キャパから観てきて、だんだん会場のキャパが大きくなる彼らをずっと見守ってきました。
 
O-EASTのあとは、今はなき渋谷AX(1700人程度)、その後は渋谷公会堂、そしてZepp DiverCityとなり、日本武道館、幕張イベントホール、横浜アリーナ2DAYS、幕張メッセ等とあっという間に箱が大きくなっていき、ついにはドーム。
 
でも、いつも思うんですが、演奏もMCも佇まいも、何もかも、初めて観た頃と何ら変わらないんですよね、いい意味で。
それを今回もドームで痛感しましたし、彼らもそこを前面に出そうとしたんではないでしょうか。
 
ドームだからといって、ダンサーとかバンドが大人数編成とか、大掛かりな仕掛けとか、そんなものは、彼らには全く必要なかったです。
むしろあったら違和感しかないですしね・・・
それをよくわかってのことでしょうね。
 
ただ、途中で、サブステージが登場し、そこで3人だけで、昔使っていた楽器で演奏した姿がまたすごく良かったですよね。
こういう演出が、ドームで成り立つのも彼らならではだし、だからこそ、すごくかっこよかったです。
 

こちらは、東京ドームで私がGETしたテープです。
 

 

このテープ自体も、back numberらしく、ゆるいです(笑)
良い記念になりました!!




京セラfinal後の・・・

こちらは、和也さんの京セラドームでのfinal(10月28日)後のツイートです。
 

 

そして、こちらは、ナタリーさんのレポート(写真つき)。
 

 



back number バックナンバー / オールドファッション 【初回限定盤】 【CD Maxi】


back number バックナンバー / オールドファッション 【CD Maxi】

以上、初のドームツアーがfinalを迎えたということで、私が参加した東京ドーム2日目について、今更ですが、ネタバレ解禁ということで、もう少し掘り下げて書いてみました。
なお、finalにて、来年のアリーナツアーの発表もされましたね!! →詳細はこちらから
毎週、今、私も楽しみにしているドラマ「大恋愛」主題歌の「オールドファッション」もまもなくリリースされますし、東京ドーム公演のWOWOWでの放映もありますし、今後も楽しみです。










いいね!いいね! 1
Loading...
pagetop