【back number】”NO MAGIC TOUR2019″東京公演2日目レポ@日本武道館(2019年7月26日) | りりぃさん's Room新館

りりぃさん's Room新館

音楽大好き女子によるライブレポを中心に、全国のライブ会場やグルメ・宿泊等の情報や、映画レビューなど♪

【back number】”NO MAGIC TOUR2019″東京公演2日目レポ@日本武道館(2019年7月26日)


2019年7月26日(金)、back number「NO MAGIC TOUR2019」日本武道館公演2日目に参加しました。
だいぶあいてしまいましたが、私なりに記録を残しておきたいと思います。




開演時間を勘違い!!

この日は、私としては、珍しくやらかしてしまったんですよね。苦笑
というのも、何を勘違いしたのか、開演時間を勝手に間違えてて・・・
 
まぁ、そもそも平日の夜のライブだと、だいたい19時開演、もしくは、早くても18時半開演というのが相場だと思うんですが、この日、なんと、18時開演だったんですよ!
珍しいですよね・・・
 
なので、17時半に九段下駅に着いた時点で、開演までかなり時間が差し迫っていたのですが、18時半開演だと思いこんでいた自分は、(まだ19時開演と間違えてないだけましだけど。。。)スタバでのんびりしてたんです。
まだ、スタバにそれらしき人もいたし、安心してたんですが・・・

 

ツアトラ写真もバッチリ撮れた(笑)

18時近くなり、勝手に開演30分前ぐらいでちょうどいい頃かなと、武道館にやっと向かったんですが・・・
当たり前のことですが、人がほとんどいなくて(笑)
 
おかげで、ツアトラも、いつもならたくさんの人で、写真撮るのも大変だと思うんですが、人がいなさすぎて、ばっちり撮影できました。笑
 

 

傍から見たら、なんて余裕かましてる人なんだろうと思われたでしょうね。笑
っていうか、そもそも、周りに人がいないので・・・
 
武道館の正面に来て、おなじみの看板も撮影。
これまた、人がいないなぁ・・・と思いつつ、なんだか嫌な予感しながらも、撮影。
 

 

この写真を撮っていたぐらいが、18時過ぎたぐらいだったのかなぁ?
ちょうど、中から演奏が始まった音が聴こえて来たんですよ!!
 

え?!ま、まさか・・・
 
ここで、やっと、開演時間を勘違いしたことに気づき、あわてて会場に入りました。
やっちゃったなぁ、と思いながら・・・



この日の席は、アリーナ前方!!

たぶん、10分ぐらいは遅れて始まったかと・・・
 
この日は、私自身が、back numberのFCであるone roomで取ったチケットで、アリーナ9列目のセンター寄りという良席でした!!
 
こちらが、ピクチャーチケットです。
 

 

昔から、どういうわけか、back numberの席運はあるんですよね~
わりと、いつも良席が来ます。
無欲なのがよいのか・・・
 
すでに、ライブが始まってしまっているので、スタッフさんに案内してもらいながら、どんどんと前方へと突き進んでいき、席につきました。
 
ほんとステージ近くの良席で、たいてい、私は席が決まってないライブハウスとかフェスとかなら、昔から和也さん側に行くのですが、この日は、依与吏さん側で、珍しい感じでしたね。
 
ライブ中ですので、すでに友達はいて、時間を勘違いしたことを告げ、やっと私も席につきました。
なお、私の隣のセンター寄りの席が、数席、結局、最後まで誰も来なかったんですよね。
どうしたんでしょう、もったいない。
まぁ、おかげで、とっても見やすかったですけど!

 

この日のセトリは・・・

この日のセットリストは、以下です。
(間違っていたらごめんなさい)
 
1.大不正解
2.ARTIST
3.MOTTO
4.泡と羊
5.サマーワンダーランド
6.オールドファッション
7.雨と僕の話
8.思い出せなくなるその日まで
9.ロ・ン・リ・ネ・ス
10.エキシビジョンデスマッチ
11.003
12.SISTER
13.monaural fantasy
14.あかるいよるに
15.日曜日
16.電車の窓から
17.HAPPY BIRTHDAY
18.瞬き
19.最深部
20.高嶺の花子さん
21.スーパースターになったら
 

【アンコール】
EN1.ハッピーエンド
EN2.手紙
 

今回は、今年、リリースされたNEWアルバムを引っさげてのツアーというところだったので、その中の曲はもちろん、懐かしい曲も新しい曲も織り交ぜての良いセットリストでした。
 
ちょうど、私は、たぶん、2曲目ぐらいから聴けたのかな~って感じですね。苦笑
 
個人的には、私がback numberを初めて知った2011年のデビューイヤーの曲、「思い出せなくなるその日まで」は、懐かしかったですね。
近年、ライブであんまりやらない気がしますし。
 
やっぱり、「電車の窓から」とか、古めの曲は、ちょっと嬉しい気がします。
 
「ハッピーエンド」や「オールドファッション」など、ほんと名曲だよなぁって思いながら、しみじみ聴き入っていましたね。
とくに、「ハッピーエンド」は素晴らしいよね。
 
アンコール最後が、「手紙」でしめくくるってところが、また、いいよなぁって思いましたね。
 
彼らならではの、一つひとつの楽曲の良さを、しみじみと味わえる時間だったと思います。



今回のツアー、私はこの日のみ参加

デビューイヤーに出会い、彼らのツアーはデビューしてからずっと欠かさず、参加してきた自分でして、かつては遠征したり、かなりハマっていたのですが、最近は、遠くから見守るという立ち位置になりました。
 
oneroomも、発足から入っていましたが、昨年末にやめてしまいましたので、こんな良席で見れるのも、これが最後でしょうね。
 
なので、今回のツアーも、この日が、私にとって、ツアー初日であり、ツアーファイナルでもありました。
 
ライブハウスでやっている当時から、徐々に会場が大きくなり、いつの間にか、一気に大きな存在となって、去年はついにドームツアーまで行うバンドとなった彼ら。
 
ずっと見てきましたが、ライブハウスだろうが、ドームだろうが、そして、今回の武道館でも、会場の規模が変わっても、彼らのライブも、彼ら自身も、いつもと全く変わらないということを、この日も、再確認出来ましたね!!

 

依与吏さんの言葉

この日、依与吏さんのMCにもグッと来ました。
依与吏さんいわく、ハッピーな時は、正直、音楽は必要ないんじゃないかと・・・
 
依与吏さんは、back numberの音楽は、そのハッピーとは真逆の、痛みに寄り添うことの出来る、自分の最も深いところで、自分をわかってくれる、そんな音楽でありたい、と・・・
 
たしかに、back numberは、その方向性では、右に出るものはいないと思います!
だからこそ、私も、ファンになったわけだしね。



和也さん、寿さんは・・・

いつも気になるのが、和也さんの衣装ですが(分かる人は分かる。笑)、この日は、わりと普通な気がしました(笑)
なんか・・・・牛みたいな柄でしたが・・・笑
相変わらず、素敵なスマイルを振りまかれ、かっこよかったです。
 
和也さんといえば、「海岸通り」の印象が個人的には強いんですけど・・・(笑)
今回は、演奏されなかった・・・比較的、セトリに入る率高い曲だけどね、残念!
まぁ、インディーズからの曲だしなぁ・・・
 

ライブ前の、和也さんのツイート↓
 


 
ライブ後の、和也さんのツイート↓
 


 

寿さんは、依与吏さんとドラムのシンバルにかぶっちゃって、あまり、見えにくかったのが残念でした。

 

テープが大量に降ってきた

アリーナ9列目のセンター寄りだったので、金色テープが降ってきたんですが、それはもう大量に取り放題な状態でした。笑
 

 

back numberのライブって、昔からわりと短めの印象があったんですが、今回は、結構、たっぷりとやっていたなぁと思いましたね。
後ろの映像も、とても凝っていて、途中、何の曲だったか忘れたけど、ミスチルを彷彿とさせるような演出もあったりしましたね。
 
グッズは、今回、何も買っていません。
最近は、グッズも買わなくなっちゃったなぁ・・・
 



ライブ後はいつもの・・・

ライブ後は、友達と、いつものわらやきやさんで打ち上げして帰りました。
何を食べても、相変わらず、美味しかったです。
 

 

 

ずっとback numberの曲がかかっていましたが、上に書いたように、依与吏さんも言っていたとおり、back numberの曲は、辛い時に寄り添ってくれる系の音楽なので、そういう意味では、正直、打ち上げなどの場でのBGMには向かないなぁとは思いました、いい意味でね。笑

 


MAGIC (通常盤) [ back number ]

 

以上、だいぶ時間が経っちゃいましたが、7月26日のback number武道館2日目に参加したレポでした。
FCイベントである、one room party vol.5が、開催決定したようですね。
去年、退会してしまったから、もう、いけないのは残念ですが、行かれる方は楽しんでください!!
やっぱり、武道館等もいいんだけど、なんだかんだで、back numberは、ライブハウスでライブ観るのが一番だと私は思います!!










いいね!いいね! 0
読み込み中...
pagetop