Mr.Children Dome Tour 2019 “Against All GRAVITY”愛知初日レポ@ナゴヤドーム(2019年5月25日) | りりぃさん's Room新館

りりぃさん's Room新館

音楽大好き女子によるライブレポを中心に、全国のライブ会場やグルメ・宿泊等の情報や、映画レビューなど♪

Mr.Children Dome Tour 2019 “Against All GRAVITY”愛知初日レポ@ナゴヤドーム(2019年5月25日)

2019年5月25日(土)に、Mr.Childrenの今年の春に行われたドームツアー、『Mr.Children Dome Tour 2019 “Against All GRAVITY”』の愛知公演1日目(ナゴヤドーム)に参加してきました。
だいぶ時間が経ってしまいましたが、記録として、残しておきたいと思います。




どんなにエントリーしても友達の1公演しか当たらせてくれなかった今回

今回のミスチルドームツアーですが、本当にドームでこんなにもチケット取るのが厳しかったのは初めてというツアーで・・・
 
東京の人間なのに、東京ドームは一切当たらず、友達と一緒にエントリーすると、二人で合わせて3公演までしかエントリーすらできないし、友達が第三希望にしていた今回の愛知公演を当ててくれた以外は、全く一つとして当たりませんでした。
 
本当に、一人1回しか、ドームですら行かせてもらえないようにミスチル側も操作するようになってしまったんですねぇ・・・
アリーナはわかるんですが、ドームぐらいは普通に抽選で運で当落にしてくれてもいいのに、なんで操作するんですかねぇ・・・
 
というわけで、ドームなのに、私自身としては、一つも当たりませんでした。
FCの意味がないのは昔からですけど、なんだかなぁです。
 
まぁ、この件に関しては、いろいろ思う所ありますが、ここで色々書くのもあれなので、やめておきます。

 

名古屋でランチ

5月25日(土)は、それはそれは暑い日でしたね・・・
新幹線で、名古屋駅にお昼頃に着いて、まずは、一緒に参加の友達と合流し、さらに、名古屋住みの友達も合流し、ランチに行きました。
 
ほんとは、前に、当ブログでも紹介したことのあるイタリアンのお店で、あんかけスパをまた食べたかったんですが、残念ながら、閉店してしまったんです。。。(涙)
 
そこで、友達にカフェとかが良いとリクエストしたところ、今回は、KITTE名古屋の2Fにある24/7 café apartmentというお店に行くことになりました。
 
何人か並んでいて、人気ぶりが伺えました。
私が食べたのはこちら。
 

 
豚しゃぶを中心にしたランチにしました。
メインと小鉢がつくランチセットになっています。




ナゴヤドームへ!!

ランチ後、名古屋の友達とは別れ、会場のナゴヤドームへと向かいました。
 
もう、何度目かわからないぐらい来ている、おなじみのナゴヤドームの景色。
といっても、昨年末、ナオトのナゴヤドームライブで来て以来なので、わりとすぐまた来た感じ。笑
 
ナオトの時と違い、駅からものすんごい大混雑・・・あれ、いつもこうだったっけ?
わりと早めに着くように向かったんですけどね。
この日は、4万人参加していたそうですよ。(by桜井さん)
 

 

とにかく、暑くて、スタッフの方も、ひたすら熱中症予防を呼びかけていました。
とりあえず、暑かったけど、これは撮りに行かないと始まらないってことで、炎天下の中、ツアトラを撮りに行きました。
 

 

日差しが強すぎて、撮るにもよく見えない感じでしたが、とりあえず、撮影。
撮ったらもう、とっとと暑いから、ドームの中に入って涼むことにしました。
 
今回、アリーナでしたが、勝手知ったるナゴヤドーム、すいてるであろう一番上の階のトイレに行ったり、ビールを1杯頂いたりして、過ごしていました。

 

まさかのアリーナ実質4列目~!!

結構、ギリギリになってしまって、慌てて席に向かいましたが、まさかのアリーナ実質4列目だったんです!!
 
アリーナは、2列目から始まっていたので・・・
 
位置としては、ステージ向かって、左側・・・ちょうど、左右に今回、花道が伸びていたんですが、左の花道の角よりはもうちょっとセンター寄りって感じでしょうか。
 
間に通路がありまして、その通路側にも近かったので、とーっても見やすい席で、桜井さんも何度も来てくれましたが、何度も目の前で、止まって歌ってくれていて、素晴らしい席でしたね。




この日のセトリは・・・

この日のセトリは、以下です。
 
1.Your Song
2.Starting Over
3.himawari
4.everybody goes~秩序のない現代にドロップキック~
5.HANABI
6.Sign
7.名もなき詩
8.CANDY
9.旅立ちの唄
10.ロードムービー
11.addiction
12.Dance Dance Dance
13.Monster
14.SUNRISE
15.Tomorrow never knows
16.Prelude
17.innocent world
18.海にて、心は裸になりたがる
 
【アンコール】
EN1.SINGLES
EN2.Worlds end
EN3.皮膚呼吸
 
全体的に、ワタシテキニは、かなり嬉しいセトリでした!!
 
ミスチルは、近年、わりと似たようなセトリになる(ライブで毎回やりたがる)曲というのがあるような気がしていて、今回も、多少、そういう部分もあったんですが、(HANABIとかトゥモネバ、ワルエンあたりなど)今回は、Signや、CANDY、旅立ちの唄、SUNRISE等、久々に聴く曲も結構あって、それがすごく良かったですねぇ!!
 
そのあたり、以下に、もう少し、掘り下げて、私の感想になりますが、書きますと・・・

 

過去の自分と対峙

今回、アメブロにすでにライブ直後に記事にも書いたんですが、なんかこの10年ぐらいの自分のこれまでを、ミスチルライブを通して、思い起こす時間だったなぁと思いました。
 
10年前の自分と、今の自分・・・ちょうど、10年前のドームツアーSMFでは、全ドーム制覇という今では絶対できないことをしていた私・・・
チケットそんなに取れたんですよねぇ・・・もちろん、あらゆる先行にエントリーしまくったからですけど。
 
そして、10年前は、ちょうど、ナオトがコーラスしていた時代で、あのツアーで、どっぷりナオトにハマったんですよねぇ・・・
自分にとっては、ミスチルのツアーで、最も忘れられないツアーです。
 
あれから10年・・・
その10年間の自分の変化を、ミスチルの懐かしい曲や今の曲とともに、振り返る、そんな時間となりました。
 
10年以上前の曲にはなりますが、「旅立ちの唄」をやってくれた時は、正直、泣けました。。。
 
この曲は、本当に今でも、ダメですねぇ・・・
蓋をして、今では、すっかり忘れ去っていたあの曲の頃の自分を、今回、この曲の演奏、歌によって、ミスチルに、無理やり、蓋を開けさせられちゃった感じがしました。




「SUNRISE」に癒やされた

「旅立ちの唄」で、辛い気持ちを呼び覚まされたのですが、その後の「SUNRISE」によって、ものすごく癒やされたんですよね・・・
 
正直、「SUNRISE」の入っている「HOME」のアルバム自体、わけあって、私は苦手で、あまり聴いてこなかったのに、そのまさかのその中の「SUNRISE」に癒やされるなんて!!
今回、一番、この曲が、なぜか心に残りました。
 
一周回って、自分自身がまた、変わったんだろうなぁって思いましたね。
今後は、違った気持ちで、「HOME」が聴けそうです。

 

桜井さん・・・

今回、桜井さん、お声がかなり辛そうに感じてしまいました。
日によって、桜井さんのお声の調子って、これまでも、色々違うので、この日が、たまたま調子悪かったのかなとは思いますが・・・
 
神のお声の時の凄まじさも知っているだけに、どうか、くれぐれもご無理なさらずに・・・と、願うばかりです。
 
とはいえ、桜井さんは、その存在自体が、もはや、長年ファンしてる者にとっては、神であるので、生の桜井さんを拝めただけで、本当に幸せなことです。
 
テープは、アリーナ前の方だったのに、取れず・・・
ですが、後ろの方が優しくて、余ってたのを友達に下さり、友達は北海道でもらったからと私にくれました。
ありがたやー!!
 

 
こちらは、ウェルカムカードです。
 




日帰りで帰京

終わって、ナゴヤドームから名古屋駅へ向かう途中も、すごい混雑でした。
 
終了後のドームです↓
 

 
なので、名駅に着くのも結構時間がかかり、ご飯を食べに行こうかと思っていたんですが、時間的に閉まってたりして・・・
 
この日は、友達は名古屋に泊まるとのことでしたが、私は、翌日、予定も入っていたので、日帰りで帰ることにしていました。
なので、結局、新幹線で食べるサンドイッチを買って、友達と駅で別れました。
 
最終ののぞみは、ミスチル客と、この日、あいみょんも名古屋でライブだったみたいで、あいみょん客とで、結構な混雑でした。
 
帰りの新幹線で、聴いていたのは、ミスチルではなく、Nulbarichでした。笑
まぁ、これも、ミスチルおたくだった私を経ての、今の私なんだろうなって・・・
自分の成長なのかなって、そんなことを思いながら、帰京しました。

 

以上、ミスチルのナゴヤドーム1日目に参加した日のことを、書いてみました。
時差がありすぎるどころか、レポになってなくて、スミマセン。。。
昔みたいに、あちこち遠征しまくったりするようなミスチルファンでは、今はなくなっている私ですけど、やはり、ミスチルとともに生きてきた、まさに私の青春であり、ある意味、人生の一部でもあるので、今後も、ファンであり続けることは、もちろん、変わりません。
また、次にミスチルに会える日を楽しみに・・・
その時には、私自身、また、違った自分で、もっと成長した自分で、会えますように・・・










いいね!いいね! 1
読み込み中...
pagetop