【ネタバレなし/ピロウズ:映画】「王様になれ」舞台挨拶@シネマート新宿(2019年9月14日) | りりぃさん's Room新館

りりぃさん's Room新館

音楽大好き女子によるライブレポを中心に、全国のライブ会場やグルメ・宿泊等の情報や、映画レビューなど♪

【ネタバレなし/ピロウズ:映画】「王様になれ」舞台挨拶@シネマート新宿(2019年9月14日)

日にちがだいぶ経ってしまいましたが、2019年9月14日(土)に、the pillows(ビロウズ)の30周年記念映画「王様になれ」舞台挨拶に行ってきたので、レポってほどじゃないですが、書いておきたいと思います。
映画自体のネタバレはなしで書きます。
会場は、シネマート新宿です。




2019年9月14日(土)シネマート新宿

the pillows(ピロウズ)の30周年記念映画「王様になれ」の今回の舞台挨拶を知ったのは、かなり直前でした。
どうせ観に行くなら、舞台挨拶付きなら嬉しい!というわけで、予約しました。
 
予約したのは、17時半の回です。
お昼の回は、すでにたしか、満席になっていたかと思います。
17時半の回も、ほぼ、埋まってはいましたが、なんとか予約できました。
 
会場のシネマート新宿は、初めて行きましたが、最初、勝手な思い込み?で、南口のほうに行っていたんですが、後から東口のほうだと気づき、時間も迫っていたので、かなり焦って向かうことに・・・
新宿三丁目駅からすぐだったんですねぇ・・・アホだ。。。

 

ロビーは大混雑

ビルの映画館のある階に上がるにも、エレベーターは混んでたし、エレベーターを降りたら降りたで、ロビーは大混雑で、どこが予約したチケットの発券の列なのか?飲み物を買う人の列なのか?グッズ類を買う人の列なのか?みたいな、混沌とした状態となっていました。
 
まぁ、ロビー自体、そんなに広くはないのですが、それでなくても、舞台挨拶で満席というわけですから、かなりのごった返し状態でしたね。
始まる時間も迫っていたし、17時半の回は、映画より舞台挨拶のほうが先に行われるので。
 
とりあえず、チケットを発券し、そのすぐそばにあったこちらを撮影。
狭いため、全体を入れるのは難しい・・・
 

 

 
こちらは、劇中に出てくる衣装、とのことでした。
詳細は、ネタバレになるので、控えておきます。
 
サイン入りのポスターも発見し、撮影したんですが、映りが悪い・・・
まぁ、なんとなく伝われば・・・
 

 

また、以下のような写真パネルも展示されていました。
こちらも、内容はネタバレ回避のため、省きますね。
 

 



席は・・・

始まるギリギリ近くに着席。
かなり思った以上に、大きめなシアターで、300席はあるとか。
 
私は、真ん中よりちょっと後ろの、ちょい左寄りの通路側の席でした。
このあたりは、少し段が高くなっているため、舞台挨拶も映画も、どちらも見やすい良い位置でした。

 

舞台挨拶スタート

時間になり、まずは、MCを務める女性の方が登壇し、登壇者3人を呼び込みます。
ステージ向かって、左から、the pillows・山中さわおさん、今回の映画の主役・岡山天音くん、オクイシュージ監督の3人が登壇しました。
 
何しろ、まだ、映画上映前なので、ネタバレにならない程度に話をするというのは、なかなかに難しそうではありましたが、終始、和やかなムードで進みました。
 
今回の映画の原案を、三茶で、さわおさんと監督が、飲みながら話した話から、いろいろ・・・
この時、さわおさんが作った原案は、ほぼ使われているといったような話。
 
あと、さわおさんの演技の話や、監督の演技の話、などなど・・・
 
さわおさんが、主演の天音くんのことを、いたくかわいがっていたのが印象的だったなぁ。
おまえかわいいなぁ、みたいな(笑)
 
あと、さわおさんが演技をするのは、今回の映画が初ではないですよねぇって、やたらと攻めるMCさんとか(笑)
 
お昼の回の舞台挨拶は、取材陣が入っていたので、マスコミ向けでしたが、今回の回は、マスコミが入らないんで、ファン向けってことで、一番いいやつ、と、さわおさん言ってました!!
 
わりとたっぷりトークした印象で、最後に、3人とお客さんとで写真撮影を!!
MCさんからは、普段のライブみたいに、手をあげたりしてもらっていいですよ!!とのことでした。笑
 

こちらが、その時の写真です↓
 



ネタバレなしの映画感想を少し・・・

映画は、シネマート新宿でも1ヶ月以上にわたりロングラン上映され、応援上映もあったり、大変好評だったと思いますが、まだまだ他の場所などでも公開中のようなので、ネタバレしませんが、少しだけ感想を。
 
すごい良かったです!!
 
バンドの映画ってことで、ありきたりなドキュメンタリーなどには、あえてしなかったのが大正解!!
そのあたりのセンスは、さすが、さわおさんです!!
 
そう、この映画は、きちんとストーリーのある映画なんですよね、そこが良かった。
 
これなら、ピロウズファンでなくても、音楽好きな方は、いろいろ感じる部分があると思います。
また、普通の一人の若者の成長を描いた作品としても、一つの映画として、ピロウズや音楽がどうのとか関係なく、普通に楽しめると思います。
 
すでに、案内されているので書きますが、ピロウズだけでなく、ストレイテナーやGLAYなど、他のアーティストも出ていて、演奏シーンもあるんですが、これがまた必見!!
 
また、なんと言っても、この映画、実際のライブシーンを、ピロウズのファンをエキストラとして撮ったというのが、大きいのですが、私自身も実は参加しています!!
 
私が参加したのは、今年の3月に行われた、ツアーファイナルのZEPP TOKYO(その時のレポ)です。
この時は、ライブ終了後に、映画の撮影を行ったんで、もう、行うという案内はあったので、ネタバレにならないので、そこらへんだけは書いておきます。
 
ただし、このシーンが、いつどの場面で使われるかは、ネタバレになるので、書きません。
あと、何の曲だったのかもね。
 
まぁ、ピロウズファンの方なら、もう、すでにほとんど観ているとは思うから、どこまでネタバレなのかは、難しいけどね。
 
このシーンが、私が思った以上に、すっごい重要な場面で使われていたので、余計に大感動、でした!!
エキストラに参加できて、自分もこの映画に出演できたわけで、良かったなぁと思いますね。
 
ファンに、エキストラとして、ともに映画に出演してもらうことで、共に関わり、30周年の記念をするという素晴らしい映画となりました!!
こういうところが、ピロウズの素晴らしさだし、バスターズとの絆と愛を感じるよねぇ・・・
 
そして、ネタバレになるから、詳細は書きませんが、とにかく、最後のシーンのセリフにやられた!!(笑)
もう鳥肌!!さすがです!!



バスターくんパネル

映画鑑賞後、大拍手で終了となりました。
ごった返すロビーの中、こちらのバスターくんパネルを無事、撮影できました。
 

 

シネマート新宿のスタッフさんが、手作りしたというバスターくんパネル!!
愛を感じます!!
 
この時は、まだ、サインはなかったけど、この後、このパネルにサインが書かれましたね。

 

この日のナタリーさんの記事↓
 

 

以上、ピロウズの30周年記念映画の舞台挨拶について書きました。
なお、この後、10月に横アリでの30周年記念ライブにも、もちろん、参加しました。
そちらのレポも、だいぶ時間がたってしまってはいますが、後日、改めて書きます・・・はい。










いいね!いいね! 0
読み込み中...
pagetop