【ネタバレなし】KAN「弾き語りばったり#23 三歩進んで何故戻る?」東京初日レポ@渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール | りりぃさん's Room新館

りりぃさん's Room新館

音楽大好き女子によるライブレポ♪全国のライブ会場やグルメ・宿泊情報などライブ活動・遠征お役立ちサイト

【ネタバレなし】KAN「弾き語りばったり#23 三歩進んで何故戻る?」東京初日レポ@渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール

KANさんの「弾き語りばったり #23 三歩進んで何故戻る?」東京公演1日目に参加してきました!!
ツアー開催中につき、この記事は、ネタバレなしで、私なりの感想とこの日ならではのピンクカードタイム等について、書きたいと思います。
セトリやライブ内容のネタバレは書きませんが、チケット写真やピンクカード本体等は載せますので、気になる方は以下、くれぐれも閲覧をお気をつけください。




2018年6月16日(土)渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール

今回のKANさんの弾き語りばったりのライブは、私はこの日のみの参加となります。
東京では、この日から2DAYS開催で、さらに横浜公演が今月末、また、8月にイイノホールで東京公演がまだあるのですが。
 
会場としては、渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールという渋谷駅から徒歩5分というワタシ的にはとても嬉しい場所でした。
KANさんとしても、ここの会場は初だと思いますが、私自身も初めて入った会場でした。
 


 

このあたりも、昔の渋谷の面影がちょっとなくなってしまって、若干、迷いながら到着したので、(隣のオフィスビルに前に来たことあったのになんで迷ったんですかねぇ)時間的には開演が迫っていて、トイレに行ったらもう席につく時間って感じでした。苦笑
 
なので、弾き語りばったりでは恒例のピンクカードを書く時間すらなかったんです。
まぁ、私はこういうのって、KANさんに読んで頂けるようなハイセンスなことを書けるタイプではないですし、読んで頂いたところで、KANさんとライブ中にやり取りを直接できるのは嬉しいけれど、正直、恥ずかしすぎて出来ることなら避けたいタイプなので、かえって提出しなかったのもありかも・・・
 
記念に持って帰ってきました。
こちらが、今回配られたピンクカードです。

 

 

チケット&席

今回のチケットは、友達がKIRで取ってくれたものです。
 
こちらがチケットです。
KIR特製のピクチャーチケットです。

 

 

席は、1階の10数列目、ステージ向かって中央ちょい左寄りの席でした。
全体的には、1階の後方といった感じですが、2階席まである会場ですし、この会場は、高低差がかなりあって、ステージがすごく見やすかったです。
 
ちょうどKANさんがピアノを弾く手元と鍵盤もよく見える位置だったので、とっても良い席だったと思います。
 
ちなみに、この会場は中に入ったロビーはかなり狭い印象で、本当は開演前にちょっとしたものを食べようと思っていたのですが、座って食べるようなところはなかったです。
このあたり、知っていればそういうものねってなるんですが、今回はあると思っていたので、ちょっと残念でした。
 
でも、トイレの数もかなり多く、いろんな意味で、KANさんの弾き語りばったりのライブには、とても向いている会場ではないかなと思いました。
今後もここを使ってくれるとありがたいかも・・・




ライブは・・・

ライブの内容については、ネタバレなしの記事ということで、まだ書けませんが、今回、私の好きな曲をたくさんやってくれて、個人的にはすごく嬉しいセットリストだったです!!
 
もちろん、KANさんの曲は、どれも良い曲なんですが、なんでしょう、自分の思い入れの強い曲が多かったと言うんですかね。
 
あと、KANさんのピアノを弾く指先が、とても見やすい席だったので、やたらと指先ばかり注目して見ていたのですが、ピアニストKANさんとしても、素晴らしかったと思いました!!
圧巻の指使いの数々・・・今回、かなり指運びの難しそうな曲も多かったように感じましたが、KANさんの演奏、本当に惚れ惚れして聴き入って、見入ってしまいました。
 
さらに、もちろんですが、歌唱もしながらですからね・・・
本当に素晴らしかったです。さすがです。

 

詳細は書けませんが、個人的にナオトに聞かせたいMCが・・・

なお、KANさんが、ライブ中のMCの中で、今回、すごく忘れられないお話をしていたのですが、これまでにも聞いた内容ではあったのですが、さらにもっと突っ込んだ内容で詳細にお話して下さっていて、それがとても印象的でしたね。
 
このお話を聞いていて、すぐにナオトを思い浮かべていました。
というか、ナオトの言葉とかなり重なるところがあったんですよね。

・・・と書くと、ピンと来る方もいらっしゃるかもね。
ナオトの去年の長旅にも通じるお話です。
 
この話、ナオトに聞かせてあげたいなと思いながら、聞いていました。
どこかで、見に来ないかな?って、ナオトもツアー中だし難しいかな。
ナオトへの手紙に書くことも出来るけど、やっぱり、直接、KANさんから聞いてほしいし、できればKANさんの演奏も聴いてほしいしねぇ。。
 
ファン・インティライミの方向けに、別記事でその内容だけ書こうかな?
時間がとれたら、書くかもしれません。

 

ピンクカードタイム

恒例のピンクカードタイムですが、この日は、3名の方のを読んでおられました。
その日によって違うので、少しだけ以下、書きますね。
 
今回、3名とも女性の方で、しかも皆さん、1階席でした。
 
まずは、旧姓がちょっと変わってるんです、という女性の方。
旧姓が「海老(エビ)さん」というらしいです。
確かに珍しい!!
前に、家の近くに「かにクリニック」という病院を見つけて行こうかと思ったとかなんとか(笑)
エビさんがカニクリニック・・・KANさんもかなりツボっておられたようです。笑
 
二人目は、KANさんが、ディズニーランドで、何らかの妖精になって踊り狂っているという願望について書かれていました。
KANさんは、何しろアンチアメリカな方なので、ディズニーで妖精になることは要請があってもない、とのことでした。笑
 
最後は、このライブの後、お仕事でベトナムにフライトという方、ベトナムでの食べ物のオススメを聞いていました。
 
なお、この3名のうち、お二人がボーダーのお服だったんですが、その度に、KANさんがボーダーのお服についてツッコミを入れるのも面白かったです。
 
昔に比べ、どんどんピンクカードタイムが、すっかりKANさんとのコミュニケーションのコーナーになっていますね。
確実に、KANさん、aikoさんの影響たっぷり受けていますしね。




新たな発表2つ

なお、この日、新たな発表が2つありました。
一つは、山崎まさよしさんとのユニット、YAMA-KANが涙の解散コンサートを行ったにも関わらず、早くも奇跡の復活をするというお話です(笑)
 
詳細は、KANさんのオフィシャルサイトのニュースをご覧くださいね。
 
また、この日、初めての発表で、ストリングスカルテットのツアーをまた行うとのこと!!
しかも、ツアー前に、カルテットのアルバムも出すということで、鋭意制作中とのことでした。
この日配られたフライヤーにも、チラシが入っていました。
 

 
カルテットのツアーについての詳細はこちらから

 
前回のカルテットのツアーは、私、泣く泣く参加できなかったんですよね・・・
というのも、ちょうどばっちり花粉症が辛い時期で(苦笑)
KANさんのライブといえども、カルテットなので、弦楽四重奏となると、クシャミが止まらなくなったりすると、とても迷惑になるだろうし、自分自身も辛いので、参加を諦めたわけなんです。
 
でも、今回は、参加できそうで嬉しい・・・けど、11月は他のライブと丸かぶりなので、行けるとしたら、1月しかないなぁ・・・(当選できれば)

 

お花&Faceboard

ライブ後、ロビーにあったお花を撮影しました。
槇原敬之さんとゴスペラーズさんから来ていたものをパチリ。
 

 

さらに、KANさんのライブではもはや恒例となったFaceboardも撮りました。
 

 
ちょっとこの会場では、入り口真ん前に置いてある感じになるので、手狭すぎて、実際に顔ハメして撮るっていう雰囲気でもないのが残念・・・
いい会場なんですが、このFaceboardの位置だけは、何とか再考して頂きたい感じですね。難しいのかな・・・

 

こちらが山崎まさよしさんとのYAMA-KANのミニアルバム↓
 

Take me Follow me/記憶にございません/手をつなぎたいんだ [ YAMA-KAN ]

 


6×9=53 [ KAN ]

 


la RINASCENTE [ KAN ]

 
↑こちらが前回のストリングスカルテットのアルバム

 

以上、KANさんの弾き語りばったり#23のネタバレなしのレポでした。
ピアノ一台とKANさんお一人の演奏とは思えないほどの圧倒的な感動のライブですごく引き込まれました。と同時に、KANさんらしさ溢れる爆笑&ぐったりトークでかなり笑わせてもらいました!!楽しい時間を過ごせました。
なお、先日、入院された根本要さんの容態についても、お見舞いに行った時のお話をしてくれたんですが、そのあたりはネタバレになるかもなので書かないでおきますが、要さんはお元気なのだとわかりましたし、これまた爆笑でした。KANさん流の要さんへの想いが溢れてました!!










いいね!いいね! 1
Loading...
pagetop