ap bankフェス’05最終日レポ(3)ライブ後半~Mr.Children編 | りりぃさん's Room新館

りりぃさん's Room新館

音楽大好き女子によるライブレポ♪全国のライブ会場やグルメ・宿泊情報などライブ活動・遠征お役立ちサイト

ap bankフェス’05最終日レポ(3)ライブ後半~Mr.Children編

この記事は、私がかつてY!ブログに掲載したものを、当サイトに移行したものです。
なので、書いた当時は2005年であることをご了解のうえ、ご覧頂けたらと思います。
文章も当時の自分の記録を残すために、当時の記載のままで掲載しますので、少々恥ずかしい表現もあるかもしれませんが、あたたかく見守って頂けたら幸いです。




いよいよ大トリ、ミスチル!!

ライブレポ後半は、Mr.Childrenのライブです!
 
前半終了後、20分程度の休憩に入りました。
 
気がつけば、辺りはうっすら暗くなってきてました。
ふと我にかえれば、暑さのあまりの、タオルを首に巻いたままの情けないスタイル・・・
しかも、ペッドボトルホルダーを肩にぶら下げたまま・・・
なんだか、急に現実に戻ると、気恥ずかしくなりました。
 
すると、りりぃはこの時点で、Cブロック2列目にいたのですが、前にいたカップルが荷物をまとめ、その場をどこうとしてるのです!!
「えっ?!最前にいけるかも??」
そしたら、前のカップルが、「私ら後ろにいきますんで、どうぞ♪」だってー!
やったぁ!!最前列(Cブロックのだけど。。)!!準備はOK!さぁ、いよいよ!!

 

「優しい歌」でライブスタート

Mr.Childrenのライブ開始~!!!
「櫻井さん」から一転、ピンクのシャツにグレーのタンク姿も凛々しい「桜井さん」、JENも、ナカケーも、田原さんもいる!!
さらに、サポートのおなじみメンバー、浦さん、修ちゃん、サニーも!!

 
いきなり、来ました、「優しい歌」からスタートです。

「群集の中に立って空を見れば♪」

ここで、桜井さんが空を仰いでた!
私も思わず、空を見る、同じように空を見てる人たくさんいた・・・
 

「優しい歌 忘れていた 誰かの為に 小さな火をくべるよな」

いいなぁ、ここの部分、本当に、このフェスは誰かの為に小さな火をくべるような、そんなあったかいフェスだよなぁ。




名曲目白押し!

続いて、りりぃの中ではミスチルベスト5には入れたい曲「名もなき詩」!
ここでお決まりの、桜井さんが皆に歌わせてくれる所があり、また、お決まりの、皆が手を前に出す仕草?を・・・・会場が一体に!!

 
次は「未来」。いいねぇ、生は・・・ずっとフェス前に聴いてたけど・・・(^v^)
 
そして、「次はほぼ10年前に作った曲で、Mr.Childrenの名曲中の名曲・・・」と桜井さんのMCで始まったのは、なんと「Over」!!
今、聴いても全く色あせないどころか、とても新鮮!!
こんないい曲をさらっとやってしまうあたり、すごいなぁ。

 
その次は、「雨のち晴れ」、これってまさに、Mr.Childrenの隠れた名曲だよなぁ・・・
これを聴くのも、久々のような・・・。この曲もスルメソングだよなぁ。
聴けば聴くほど、味わい深い。
 

続いて、突然、桜井さんが「駆けてみよう~~~♪!!!」と叫ぶ。
「ランニングハイ」の序章だ。きたね、待ってました!!!この曲!!!
桜井さんが右に左に走り回る、それに合わせて、歓声を上げ、飛び上がる私たち!!
会場全体が、桜井さんと、一緒になって駆け抜けた感じ。

 

ブロック内もあったかい雰囲気

このへんで、次の曲への合間があって、結構いつものように歓声を上げる人もいたが、
後ろにいた女の子が、「桜井さんっ、Cー6の方、向いてっ!!」(それも関西弁風)
の声に、ブロック全体がどっ!!と笑った。
「ええなぁ、それ」(それもまた関西弁風)とかいってる人もいる。
ブロックが、とってもなんだか、いい雰囲気(o^-^o)

 

そして、次は「I’ll be」が演奏されました。
これ、POPSAURSのDVDを観ていて、ぜひとも、一度、生で演奏を聴きたいと思っていたので、嬉しかった!
なんたって、POPのDVDのナカケーが熱いのなんの!!
今回も、かなり、気合入れて、演奏されてました(*^-^)
後半部分から、なんだか、泣けてきちゃって・・・
 

続いての曲は、桜井さんのハーモニカ&ギターによる、弾き語りで「いつでも微笑みを」
私は、この曲でまたしても、泣けてきた・・・・
なんだかわからないけど、感動しちゃって、もうぐっときちゃったというか・・・
こんな素敵な弾き語りを、聴けた幸せ・・・

 
さらに、「~Everything is made from a dream」が演奏された。
今回、結構「Q」の曲やったけど、実は、私、それまであんまり、「Q」はなぜか聴いてないほうでした。
でも、このライブ以降、「Q」ばっか聴いてる(笑)




No Border!

その次は、ついに「and I love you」です!
 
この曲の時に、スクリーンで流れた映像が、
すごく心に残った。世界の子供たちの映像とかなんだけど、色々考えさせられるもので、
周りの皆も、どうやら、考え込んでしまっている風だった。
 
で、曲の最後で、私ら、観客が大写しになって、そこに「No Border」との文字が。
 
近くの人が、「カップヌードルやん!」って突っ込んでたけど(笑)、このメッセージは深い意味を持ってると感じました。
 

続いて、「overture~蘇生」。
「何度でも~何度でも~♪」で会場は飛び上がっての大盛り上がり。
いつもの「オーオー」で手を前に差し出す例の仕草も、桜井さんも一緒にしてくれて、
雰囲気は最高潮に・・・

 
そのまま、盛り上って「CENTER OF UNIVERSE」へ突入。また「Q」の曲ですね。
ちょうど、この頃、ステージの上には、綺麗な月が見えていて、
会場全体を優しく、あたたかく、照らし出していた。この曲にぴったり。
 

「どんな不幸からも 喜びを拾い上げ 笑って暮らす才能を誰もが持ってる」

 
大好きなこのフレーズ生で聴ける感動!!

「ここはそう CENTER OF UNIVERSE 僕こそが中心です あぁ 世界は素晴らしい」

 

「僕らにはまだやれることがある」

大感動の中、続く「It’s a wonderful world」がさらに深い感動をもたらす。
 

「無駄なものなど きっと何一つとしてないさ 突然 訪れる 鈍い悲しみであっても」

 
なんて、優しく寄り添うような、それでいて、力強く心を揺さぶる曲なの!!
 
この曲の時、スクリーンには、大きな美しい地球の映像が映し出された。
もう、曲の終盤になったら、感動で、また、泣けてきた・・・(T-T)
 

「あなどらないで僕らにはまだやれることがある
手遅れじゃない まだ間に合うさ この世界は今日も美しい そうだ美しい」

 
フェスのライブ本編エンディングとなったこの曲は、ものすごい感動をもって、私らの心に突き刺さった。
 
「そうだ。手遅れじゃない、まだ間に合うさ・・・何か、行動をしなければ」




アンコールは「to U」

ミスチルのライブがあっという間に終了し、暗転、場内はアンコールの拍手。
やがて、再びステージが明るくなり、今回の出演者たちが再び登場。
 
そして、小林さんの、
「プロデューサー冥利につきるっていうか、アーティスト冥利につきるっていうか」
という締めのご挨拶のあと、
櫻井さんからも、
「最後に『to U』をやります。・・・このバイブが連鎖することを願って・・・」とのMC。

 
そして、アンコール曲であり、フェスのエンディングテーマというべき、「to U」が演奏されました。
 
私は、この曲が大好きです。
みんなで大合唱、ってところなんでしょうけど、実際、周りの人たちは、この曲、あまり歌えてないようでした、のでちょっと残念かな。
私は一緒に歌わせて頂きました。もう、嬉しかったなぁ。

 
小林さんは、最後に「また会いましょう!!」と言いました。
それって、また、フェスをやるってことかな?!って私は思ったんだけど、どうなんでしょうね?

 

最後は、メンバー紹介。Bank Bandの方は小林さんが紹介し、ミスチル関係はサポートメンバー含め、桜井さんが紹介。
そして最後に桜井さんの「気をつけて帰ってくださーい!!!」で、4時間に及んだライブ、さらに、3日間のフェスは終了しました。

 



ap bank fes’05 [ Bank Band with Great Artists & Mr.Children ]

以上、ライブの模様をレポさせて頂きました!
長文、読んで頂き、ありがとうございます(*^-^)
なお、レポ4(まだ続くんかい!!)としまして、ライブ以外の部分について、書きたいと思っていまーす☆(オーガニックフードエリアとか、規制退場とか(^-^;)










いいね!いいね! 0
Loading...
pagetop