Nulbarich×Kj and The Ravens@音霊SEA STUDIOレポ(2019年7月12日) | りりぃさん's Room新館

りりぃさん's Room新館

音楽大好き女子によるライブレポを中心に、全国のライブ会場やグルメ・宿泊等の情報や、映画レビューなど♪

Nulbarich×Kj and The Ravens@音霊SEA STUDIOレポ(2019年7月12日)





2019年7月12日(月)に、三浦海岸のOTODAMA SEA STUDIOで行われたNulbarichとKj and The Ravensとの2マンライブに参加してきました!!

2010年&2011年以来の音霊!!

音霊といえば、私は、2010年と2011年に、まだ逗子にあった頃、参加したことがあります。
いずれも、とても楽しかった良い思い出!!
 
そして、今回、ものすごく久しぶりに参加!!
 
音霊といえば、これまでは、8月の一番暑い時期に参加してきたので、それはもう、暑さとの戦いのイメージしかなかったんですが、(音霊は海の家ライブハウスで、中は冷房はなし)今回はまだ梅雨明け前ということで、これまでと調子が違う!!
 
それも、場所自体が、逗子じゃなくて、三浦海岸に移転後、初参加だったので、どうなるんだろう?って思って向かいました。

 

2019年7月12日(月)三浦海岸

逗子の時よりも、三浦海岸は遠方になったものの、京急の特別快速が停まるので、横浜からは、座ってのんびり居眠りしながら向かうことができたので、ラクラクで、全く遠く感じなかったです。
 
三浦海岸駅から徒歩5分ほどで、会場のOTODAMA SEA STUDIOに到着!!
 
途中から海が見えてくると、テンション上がりますね!
ほんと駅から近かった!
逗子にあった時のが、もっと歩いた記憶が・・・
 

 

 

 

 
また、このNHKからお花来てましたよー。

開場は16時なんですが、先にリストバンド交換が、もう出来るようになってて、そのほうが、スムーズに入場できるとアナウンスがあったので、先に交換。
 
ドリンク代600円が必要で、こちらのピックがドリンクチケット代わりになってました。
 

 

これ、いいですよね!
持って帰って、これでアコギ弾きたい・・・お土産にしたい・・・って思いましたが、結局、やはりビールの誘惑には勝てず、Nulbarichのライブ後に、交換しちゃいました。
 
開場まで、ちょっと時間があったので、小腹もへったしってことで、会場の目の前がカフェになっていて、そこで何か軽く・・・ってことで、フランクフルトを買って食べました。
1本300円でした。
写真はなしです。(撮る前に食べちゃった!)
 
逗子にあった時より、テーブルもたくさんあったし、トイレも数が増えていましたね。
 
ロッカーは、出し入れ自由で1000円と、サイトに書いてあったので、それは高すぎる・・・と思い、荷物は、あらかじめコンパクトにしていったので、預けずに済みました。
 




16時入場開始!!


 
開場の16時前に整列場所に行くと、もう列が出来ていて、皆さん並んでました。
プラカードに番号が記載されてて、それにしたがって並びます。
以前より、この整列もスムーズになっていた印象。
 
私は今回、NulbarichのFCで取ったチケットだったので、FCの何番という番号で並ばされました。
 
ちなみに、FCが、一番最初に入場でした。
これは、以前もそうだったかと・・・
kjさんのほうのFCも一緒です。
 
平日の早めの時間からってこともあってか、番号呼ばれても、まだ来ていない方も結構いたかな・・・
 
私は、FC100番台前半で、あっというまに呼ばれて中へ。
 
ステージをぐるっと囲むように、スタンディングスペースができていて、以前みたいな横長ステージではなく、ステージはかなりきゅっと小さめな印象でしたね。
 
一瞬、最前の端の方はあいてたので、行ってみたんですが、ぐるっと囲むサイドテキナ場所で、これはどうみても、ステージのJさんは見えにくいだろうし、こっちに来るとも思えなかったので、そこはやめて、先に入場していたお友達がセンターの前から4列目ぐらいにいたので、そこで一緒にみることにしました。
 
結果からいうと、そこにして、大正解でした!!
 
センターなので、かなりの密集具合がすごく、ぎゅうぎゅう状態で、待っている間もきつかったんですが、その分、ステージはめっちゃ近くて、何なら演者にさわれそうな近い距離!!
これは、音霊ならではの特権ですね!!
 
せっかく、音霊に来ているんだから、やっぱり、激近な位置で見たほうがいいですもんね!!
どうみても、順番は、Nulbarichが先だろうと思ってたし、Nulbarichが終わるまでは、この場所で頑張ろうと決めました!!
 
結局、終始、Jさんも、うちらの目の前にいることがほとんどだったので、めっちゃおいしかったです!!
贅沢すぎー!!

 

17時、Nulbarich登場!!

15分前ぐらいに、ステージに注意事項などを案内する女の子が登場し、アナウンス。
こういうのは前はなかったような・・・
 
時間直前に、ツアーTを着たスタッフさんが、数人、楽器をサウンドチェックしていました。
ベースは最初から置きっぱでしたが、今回、ギターは直前に持ってきてましたね。
やっぱ、環境的に、影響あるからかなって思いました。
 
でも、いつもは、わりと、メンバー自らが出てきて、サウンドチェックしてた印象でしたが、今回は一切、出てこなくて、スタッフがやっていました。
 
お水は、結構、直前に用意されてて、Jさんのこの日のお水は、4本でした(笑)
いつもよりちょっと多め?
でも、この日は、そんなに飲んでた感じじゃなかったなー。珍しいね。
 

時間になり、ステージ向かって右手の、カーテンで仕切られたところから、メンバーが登場!!
 
これが、思わず、おおおー!!!ってびっくりしちゃうぐらい、かっこよくて!!
まだJさん出てこないのに、他のメンバーだけで、おおーってなるのもちょっと珍しいぐらいで。
 
というのも、皆さん、なんか雰囲気が変わってて、ちょっとイメチェンしたっぽくなってて。
しかも、みんな黒と白のモノトーンで、シックに決めてたのもあるかな?

 
向かって左手に、ベース、ギターのお二人の3人が並ぶ格好。
そして、真ん中にドラム、右手に鍵盤、です。
 
ステージが狭いので、ギター&ベース3人衆は、横並びで左側にいた感じです。
この3人が、ヤバいぐらいかっこよかった!!
 
あ、久しぶりにナッポさんでした。
しかも、三つ編みじゃなくて、髪おろしてらしたんですよね。
とにかく、並ぶ3人が、それはもう、クールでかっこよすぎた。
ナガイさん、ヘアバンしててかっこよかったです!!
1人1人が、ボーカル張れるぐらいなオーラが漂ってたよ。
 

そこへ、後から、さわやかーに、JQさん登場!!
 
先に登場したメンバーが、モノトーンで決めてたのに対し、Jさんは、インスタにのってたように、めっちゃカラフルなロングスリーブのTシャツで出てきたので、びっくり!!
 
しかも、ジーンズだし、ベルトはピンクで、お靴はオレンジと、まぁ、カラフルー!!
パキッと目がさめる様な、鮮やかなNEW JQでしたー!!
 
カラフルなトップスに、いつものあのネックレスが、とっても映えて、キラキラしてて、綺麗だったです!!
 
いつになく、バンドとして、オーラが半端ない!!状態で、スタート!!




セトリは・・・

まずは、この日のセトリを、先に書いちゃいますね。
 
夏フェス1発目になるから、まだ気になって、見たくないなーって方は、ここで避難してくださいね。
 
まぁ、音霊は、持ち時間が長め(1時間あった)だったので、今後の夏フェスセトリとも、ちょっと違うとは思うんですけど・・・
 

1.Everybody Knows
2.It’s Who We Are
3.VOICE
4.Kiss You Back
5.JUICE
6.Ring Ring Ring
7.On and On
8.Sweet and Sour
9.Zero Gravity
10.Super Sonic
11.Almost There
12.Stop Us Dreaming
 

12曲ですよ!!
すごくないーー?!?!

 
では、セトリに沿って、覚えてる範囲で書いていきます。

 

まさかの1曲目がっ!!

上のセトリ、Openingは入れてないけど、もちろん、ありました。
が、だんだん、アレアレ?まさか・・・と思っていると、始まった1曲目は、「Everybody Knows」!!
 
なんて久しぶりなんだー!!
これには、びっくりしちゃいましたよ!!
 
この何とも優しい始まりも、また、いい感じでしたねぇ。
 
っからの~、そのまま、かっこよくセッションテキナ曲にいったんですけど、これが、ちょっと「lipstick」風に聴こえたので、一瞬、私は、えー、久しぶりにそれもやるのかな?って思ったりしたんですが、そっちにはいかず(笑)
そのまま、最近のいつもの流れの曲調での入りになり、「It’s Who We Are」へ突入でした。
 
Jさんは、終始、お声も綺麗によく出ておられた印象です。
いつものように、忙しいぐらいの身振り手振りしながら、歌っておられました。
それを間近で、ずーーっと見ていられて、幸せでした。
お腹いっぱい・・・




Kiss you backは微妙にアレンジ変わってた

「VOICE」は、やったりやらなかったり、春フェスでもしてたけど、今回はガッツリやってました。
が、音霊のステージは、かなり狭めなので、Jさんが飛び跳ねるほどのスペースがないので、跳ねまくる感じではなく・・・
3月のSpotifyイベントみたいに、踊りまくり、飛び跳ねまくりの「VOICE」も、すごい良かったんですがね。
 
ステージが狭いせいで、Jさんスペースが、かなり限られ、右手の鍵盤側に行くことよりも、左手のギター&ベース3人衆と、自分のスタンドマイクの間あたりに、ほとんどいた感じなので、ちょうどその前にいた私は、めっちゃラッキーでしたねぇ。
 
「Kiss You Back」は、やはり、盛り上がるなぁ~と改めて思いましたね。
ツアーの時みたいなロック調?のアレンジは、冒頭からはやっていなくて、曲の中盤で入る感じでした。
やっぱり、盛り上がりますし、演奏するメンバーも楽しそう!!
 
自分の勘違いかもですが、「Kiss You Back」がフルコーラスじゃなかったような?!
なんか短く感じたんですけど?ちがう?

 

JさんMC結構多めだった印象

4曲終わったぐらいかなー?で、MCに入ったような・・・
 
「今日は、お足元の悪い中、お越しくださいまして・・・」
 
みたいなかしこまったご挨拶から入るJさん(笑)
みんな爆笑!!
 
後方から、「大丈夫だよー!!」とか声が多数かかってたんですが、ここでだったか、Jさんは、
「・・・8割がた、聴こえねえんだよな」とぼそっと(笑)
途中から、めんどくさそうになる、そのゆるさがたまりませんwww
 
ステージからは、海の方や、空が見えるからか、
「あの雲、どかねぇかなー」とか、気にしてましたね。
「晴れてほしかったんだよなぁ・・・」って、つぶやくように言っていたのが、印象的。
 
「今日、正直に、ここに来るのやめようかなって思った人ー!!」
って挙手させようとするJさん(笑)
 
さすがにそれはないでしょうよって思っていると・・・
 
「なんだオレだけかー」
みたいなこと言うし!!笑
 
まぢかー?!って思わず、つぶやいてると、Jさんが、
「あー!今、うしろで、ドラムが、まぢかー?!って言った~!!」って(笑)
いや、そりゃ、言いたくもなりますよーw
つか、そういうとこ、いちいちかわいいなwww
 

さらに、Jさんは、kjさんとの対バンってことで、
「ずっと憧れていた人と、同じステージに立てるなんて幸せ」みたいなことを、言っていたかと思います。
 
「さっき、裏で、ハイタッチしちゃった」とか言ってましたよ!!
嬉しそうだったー!!
 
「今日は、朝まで飲めるなぁ~!!
もう、しばらく、おかずはいらねーなー」
とか(笑)
 
曲もたっぷりでしたが、この日は、わりとMCも普段より多めだったように、今、考えても思いますね。
なんかすごくご機嫌でした!!
 
MC苦手って言ってるけど、実は、その飾らない人柄のにじみ出た、ゆるいMCが、Jさんの魅力でもあるってことに、最近、気がついてくれたのかしら?!
それとも、もともと、ほんとはお話好き・・・?!
 
そうそう、この日のハイライトとしては、良さげなことをいいそうになったと思うと、
「普通に、次の曲にいきまーす」って!!(笑)
2回ぐらい言ってたよね。
これが、絶妙な間で言ってて、面白かった!!




まさかの「JUICE」と「Ring Ring Ring」

中盤の5、6曲目が、ワタシ的には、神セトリすぎて、嬉しすぎました!!
ずっとフェスとかでも、「JUICE」やってくれたらなぁって思っていたんですが、今回、やってくれて、嬉しかった!!大好きなんです!!
 
5月に、Greenroom Festivalではやったそうですが、私は参加してないので・・・
 
今後も、ずっとやってほしいなー!!
この大好きな曲で、動きまわりつつ、歌うJさんが目の前にー!!幸せすぎた。
 
っからの~、次の曲がまたびっくり!!
「Ring Ring Ring」だなんてー!!
 
フェスではやることはないだろうなぁって感じの曲だっただけに、今回、ツアーぶりにやってくれて!!
でも、これ、Jさんの魅力たっぷりの曲だなぁと改めて思った。
 
ツアーみたいに、左右に手をフリフリしましたよー!!
ほんとかっこいい曲だよね。
 
その後、「On and On」で、いつものように、声を出させてー!!
 
さらに、「Sweet and Sour」では、冒頭でこの日も、「悲しい日もあるでしょう・・・」とか言ってから、曲へ入ってました。
優しい歌声に、うっとり、聴き入ってしまいました。
 
このあたりだったか、Jさんが、Mステの時みたいに、長い舌をペロっと横に、ペコちゃん的に出してたのが、可愛かったです!!
見逃さなかったー!!笑

 

踊る時間です

急に、鍵盤さんのほうを向いて、なんかサイレン?テキナなんかを発したJさん。笑
 
「踊る時間です~」
 
う、うん、ゆるいけど、何かの合図をJさんなりに、発していたようですw
 
ってことで、ここからは、「Zero Gravity」と「Super Sonic」で盛り上がりましたよっ!!
 
あぁ、いつ何度聴いても、かっこよすぎて、大好きです、この2曲!!
 
「Zero Gravity」の間奏のベースは、この日も絶好調で、超絶かっこよすぎた!!
「Super Sonic」でも、Jさん、「more sexy!!」って何度も煽ってました!!
 
あーたのしー!!




曲名を噛み噛み・・・

この後、「Almost There」のイントロが流れてきたので、おおお?!ってなりました。
春フェスでは、一切、やっていなかったから、久しぶりじゃないですか!!
大好きな曲なので、嬉しい!!
 
Jさんは、「そろそろ終わりに近づいてきました」テキニ話し出し・・・
 
ん?ってことは、この曲が最後ってわけじゃないのかな?とぼんやり思いながら聞いていると・・・
 
ここで、この曲前に、よく話している曲についてのお話をしだした。
「2016年に結成して・・・やっと去年ぐらいから、プロとしてちゃんとやっていかなくちゃなーって・・・
プロって大変ですよねぇ、時間とか・・・」

 
みたいな、いつもより、若干、カジュアル?な前振り。笑
 
でも、いつものように、片道切符の話をしていたんだけど、なぜか、曲名である「Almost There」って言おうとしたら、噛んじゃって!!(笑)
 
もう1回、言おうとするも、さらに噛み噛み(笑)
 
もう、みんな爆笑!!おなかいたーい!!
だまるJさんに、みんながワ~って盛り上がる!!
私も、思わず、「がんばれーw」とか叫んじゃったし!!(笑)
 
一通り、みんなの声援?!を聞いたJさんは、口を開き・・・
「もう、だいたいわかってんだろ!!」って!!
 
投げやりかーい!!かわいすぎー!!!
 
久しぶりのこの曲、やっぱり良いですねぇ!!
だんだん熱く盛り上がっていくあの感じ、ライブの後半にはもってこいですよね!!
 
久々に、Jさん、
「ドラムの人が、どんどん!ってしたら、音霊の本気を見せてくれー!!」だって!!
 
ってことで、本気を見せるべく、めっちゃ盛り上がりましたよ!!

 

最後は「Stop Us Dreaming」で大合唱

最後は、やはり、「Stop Us Dreaming」でした。
最初に、レクチャー入りましたよ。
 
Jさんも、やはり、この曲が一番、動きまわってましたね!!
ステージが広くないけど、それでも跳ねてた印象。
 
イェイイェー!!のところ、Jさんの親指立てるポーズが、何度見てもかわいくて!!
みんなもそれに合わせて、まねっこしてて。
 
どの曲だったか、Jさんが横向きになって、ほっぺたをよくプーッと膨らませるっていうか、唇を突き出すっていうか・・・の、表情するのも、かわいいんですよね。
わかります?!
なんかビーバー君みたいで(笑)
 
そうそう、最後のこの曲あたりだったか・・・、センターに立っていると、ライトが当たって暑いみたいで、
「ライトを避けます」みたいなこと言って、立ち位置をずらしてたなぁ。
 
涼しい日だったけど、やっぱり暑かったみたいで、Jさんも汗だくでした。
首筋に光る汗、キラキラしてた。
 
どこでだったか忘れたけど、そういや、途中で、汗をふくためか、サングラスを一瞬、取ってお顔をタオルで拭いていたような・・・
 
たぶん、照明が暗めの時を狙ってたと思うし、横向いてたけど、おおお!!って注目しちゃいました。
 
この日も、エアギターするJさん、後半で何度か登場してたし、エア鍵盤してピロピロするJさんも!!
 

こうして、盛り上がってNulbarichのライブは終了!!
Jさん、そしてその後からメンバーが退場!!
 
いやぁ、最高でしたーっ!!
 

こちらは、公式さんのインスタです↓
 
2枚目のライブ写真に、わたくし、手と後頭部が、なにげに映り込み~!!
ですが、自分じゃないとわからないレベル(笑)
 
1枚目の歌うJさんがかっこよすぎて、早速、スマホの待受にしました!!
 

この投稿をInstagramで見る

OTODAMA #nulbarich #live #otodama Photo by Victor Nomoto – Metacraft

Nulbarichさん(@nulbarich_official)がシェアした投稿 –




休憩

いったん、後方に下がって、ドリンク交換へ。
同じような方が多数いましたね。
 
昔の音霊と違い、ドリンクの引き換えのある後方は、半野外みたいになっており、風が通るので、気持ちよかったです。
 
30分ぐらい、次のkjさんたちの出番まで転換の時間があいたと思います。
その間、後方で、ドリンク飲みながら、Nulbarichの物販を冷やかしたりしてました。

 

Kj and The Ravens

18時半ぐらいから、Kj and The Ravensのライブがスタート。
 
一番うしろの、半野外みたいなところで、のんびりと見ることにしました。
 
ちょうど、その後方に、窓みたいのがあって、そこがアーティスト席みたいで、Nulbarichのメンバーみんなそこにきて、見てました!!
Jさんもー!!

 
なので、ライブ後も、Jさんたち見れて、美味しかったです。
音霊って、こういうゆるさもまた、良いところですよね。
 
kjさんたちのバンドは、もっとすごい激しいのを想像していたんですが、意外と優しめなロックだったです。
どの曲も、かっこよかったし、耳なじみの良い曲ばかりで、素敵でした。
 
kjさんたちのライブが終わった瞬間、Jさんたちがアーティスト席を立って、すぐ横の渡り廊下?みたいな所を通って、楽屋?へ戻っていく姿も見れました。
Jさんは、ちゃんと顔を出してくれ、こっちを気遣って見てくれてましたね。
 
もしや、最後に、アンコールで、一緒になんかやったりするかな?!なんて期待してみたんですが、アンコール自体がなく、終了となりました。
 
あれ?音霊ってアンコールなかったっけ?!
前に、スガシカオさんの時、あったような・・・?
 
Nulbarichがいつもアンコールないから、kjさんたちもないのか?!とか言いながら、退場しました。笑
 
kjとJQのコラボ!?も、見てみたかったなー!!




終了!楽しかったー!!

kjさんたちのライブの途中から、すっかり陽が落ちて、外に出た時には、真っ暗。
ちょうど夕暮れ時の良い時間のライブでしたね。
 

 
三浦海岸駅に戻って、気がついたんだけど、京急って、ワンピースとコラボしてたんだっけ?
 

 
これ、かわいい!

 

以上、音霊でのNulbarichのライブを中心に書いてみました。
雨は上がったので、良かったです。まぁ、夏の海でのライブっていうには、お天気も気温も微妙でしたが、涼しくて、身体的にはラクでした。
何より、たっぷりな持ち時間で、しかも激近な位置でライブを楽しめて、最高に幸せでした!!
音霊のキャパって、1500ぐらいらしいですよ!!
また、来年もNulbarichが出るなら、ぜひ、行きたいな~!!










いいね!いいね! 1
読み込み中...
pagetop