Nulbarich「ONE MAN LIVE at 日本武道館 -The Party is Over-」レポ | りりぃさん's Room新館

りりぃさん's Room新館

音楽大好き女子によるライブレポ♪全国のライブ会場やグルメ・宿泊情報などライブ活動・遠征お役立ちサイト

Nulbarich「ONE MAN LIVE at 日本武道館 -The Party is Over-」レポ





2018年11月2日(金)に行われたNulbarich初の武道館公演「ONE MAN LIVE at 日本武道館 -The Party is Over-」に参加してきましたので、感想を書きとめておきたいと思います。

2018年11月2日(金)日本武道館

Nulbarichの記念すべき初武道館ライブの日は、秋晴れの大変気持ちの良い日でした。
雲ひとつない綺麗な青空が日中も広がり、この日は冷え込むという天気予報も覆し、実際には暖かい日でしたね。
 
寒いかと思って、わりとしっかりした服装でライブに臨んだので、先日のナオト武道館みたいに暑いかな?と思ったんですが、空調も問題なく、バッチリでした。
逆にナオトの時はなぜいつもあんなに暑いのか・・・?苦笑
 
平日の18時半スタートは、先日のナオト武道館と全く同じ・・・ということで、最寄りの九段下駅には18時前ぐらいに着き、真っ直ぐ武道館へ。
開場は17時半です。
すでに真っ暗な中、たくさんの人が会場へ向かっていました。
 
グッズも気になりつつも、特にすごく欲しいという感じでもなかったし、実際、SOLD OUTのものも多かったみたいなので、売り場は覗かず。
ちなみに、タオルは春のツアーのものを持参。
 

まずは、記念のこちらを撮影!!
 

 

いろんなこの武道館にかかる看板を見てきたけど、このNulbarichの看板は、かなりかっこいい上位の看板じゃないでしょうか?!
何をやってもオサレなんですねぇ。

 

この日の座席は・・・

この日のチケットは、今年の春に行われたNulbarichのツアーの東京公演(新木場STUDIO COAST)に参加した時、ライブ参加者向けの会場限定チケット先行でGETしたもので、友達が取ってくれました。
 
ちょうどこの新木場STUDIO COASTでのライブの際、(具体的には私が参加した前の日です。この会場は2DAYS公演だったので)Nulbarichの武道館公演が発表されたんですよね。
なので、この時から結構な長い間、チケットをGETしながら、当日を待ちに待ったという感じでした。
 
チケット自体は、もう夏にはあっという間にSOLD OUTして、Nulbarichの人気ぶりを実感しましたが・・・
直前になって、サイドの見切れ席を発売していましたね。
 
ということで、私の席は、アリーナ席でした。
武道館でアリーナ席になるのは、久しぶりな気がします!
だいたいスタンドが多いんでねぇ・・・
いつ以来だろう?まさか、ナオトの初武道館ぶりかしら・・・?笑
 
席の位置としては、アリーナBブロックで、といっても、アリーナはAとBの2つのブロックしかないんですけどね。
武道館って、アリーナ席は圧倒的に少なめなんですよね。
 
アリーナの真ん中よりは後方の位置、ステージ向かって左側の通路側からの席でした!!
ステージ全体がとても見やすくて、終始、JQもよく見えました!!
アリーナだと前の人で見えにくいのではとも思いがちですが、この日は遮るものもなく、非常にストレスなく見えて最高でしたね!!
 
スタンド席を見ると、端っこまでびっしりと入ったお客さんたち!!
さすがの人気ぶりです。




開演前からカッコイイ!!

開演前、ステージの大きなスクリーンに、カウントダウンがスタート
 
続いて、スクリーンに英語で場内の注意事項が映し出されました。
これが、とてもオサレな書き方なんですが、書いてあるのは、ご自身の席で見て下さいとか、この公演はスタンディングエリアはありませんとか、タバコは所定の場所で・・・みたいなほんとに注意事項。
そして、最後に「Enjoy!」と・・・
 
これがあまりにオサレな雰囲気なので、皆さん、スマホで撮影したりしていて、なんかかわいかったです。
書いてあるのは、注意事項なんですけど、それでさえもカッコイイのでつい撮りたくなりますよね。わかります。
ちなみに、日本語でアナウンスもあったと思います。文字ではないけど・・・

 

スマホのライトをつけて!

そのうち、スクリーンには、スマホのライトをつけて、とこれまた英語で出てびっくり。
スマホのバックライトつけるのは、最近よくライブで見られる光景だけど、アンコールとか後半でのイメージが強いのに、いきなり開演前って!!笑
 
しかも、アーティストによっては、スマホをこれをきっかけに出して撮影したりしだすお客さんがいたり、アンコールで求められてないのにやってるとかってファンの間で論争?が起きたりってことが、最近多かったんで、運営側からわかりやすく提案されるのってなんかスッキリしてていいなと肩透かしにあったみたいでした!笑
そのあたりもスマートな感じ。
 
スマホで撮影する人が出てくるから云々についても、実は、Nulbarichの今回のライブに関しては、外タレみたいに、特に禁止されてなかったようです。
 
というのも、開演してすぐに、私の近くに動画をずっと撮っている人達がいたんです。
すぐにスタッフがその人達の所に行ったんで、さすがに止めるように言われたのかなって思ったら、そうじゃなかった(笑)
 
ステージに向かってスマホを上の方にかざして撮っていると、後ろの席の人が見えにくく邪魔になるので、もう少し下げて撮ってねって言われたみたいで、少し下にして、結局、ずっと撮ってました(笑)

 
つまり撮影OKってことですよね!?新しい!笑
なんかそんなところもNulbarichのスマートさを感じちゃいましたね、逆に。
 
撮影するしないとかそんなことどうでもよくって、お客さんがそれぞれの楽しみ方で楽しんでくれたらそれでいいって感じなのかな?!
なんかオトナだなぁって思っちゃいました。




セトリは・・・

今回のセトリですが、以下に書きます。
 

  • 1.Hometown
  • 2.It’s Who We Are
  • 3.Lipstick
  • 4.Handcuffed
  • 5.Everybody Knows
  • 6.NEW ERA
  • 7.In Your Pocket
  • 8.Spread Butter On My Bread
  • 9.Supernova
  • 10.On and On
  • 11.SESSION
  • 12.JUICE(新曲)
  • 13.Ordinary
  • 14.SMILE
  • 15.Kiss You Back
  • 16.Zero Gravity
  • 17.VOICE(新曲)
  • 18.ain’t on the map yet
  • 19.Follow Me
  • 20.Almost There
  • 21.Heart Like a Pool
  • 【アンコール】
  • EN1.LIFE

 
今回、アンコールも含めて22曲とたっぷりでした!!
春のツアーが17曲ぐらいだったことを考えると、かなりたっぷり感ありましたが、そうはいっても始まってしまえばあっという間でしたね!!

 

ジャジーなピアノーのソロからの・・・

スマホのライトをオンにしたまま、開演へのカウントダウンが進んでいき、やがてステージではジャジーなピアノのソロが始まり、そこへコントラバスがのってきて、超オサレ空間にさすが!!と浸っていると、どんどん楽器が増えてきて、ついにはJQが登場!!
 
1曲目からいきなり、バーン!!!と金テープが大量に降ってきました!!
Nulbarichでも降ってくるとは・・・と思ってみてましたが、その後、演出は想像以上にド派手(でもかっこいい)になっていきましたね。
 
テープは普通に上から降ってきたやつをGETするのが苦手な私は案の定、アリーナ席のくせに取れず、隣の席の友達は通路側だったため、友達が分けてくれました。
よかったー!!こちらです。
 

 

降ってきた時は、ただの何も書いてない金テープに見えたんですが、実際はこのようにツアータイトル入りのものだったので、記念になりました!!
しかも、QRコードが入ってるんですが、これ、サンクスメッセージが見れるようになってました!!すごい!!
テープに直接アーティストが手書きするのはよく見るけど、QRコードから見れるところがまたなんだかNulbarichらしくてスマート。
 
序盤から飛ばしていく感じでしたね。
JQは「あっという間に終わっちゃうよ」というようなことを言っていたと思います。
なお、JQは最初、黒?のフードのついたコートのようなのを着てましたが、そのうち脱いでましたね。




キレッキレのバンドにJQの唯一無二の声

Nulbarichは、JQを中心にバンドメンバーはその都度変わる編成なんですが、今回は、武道館ということで、まぁすごかった!!
 
ギターが3人、ベースが2人、キーボードが2人、ドラムが1人・・・ですが、ドラムは後からJQも演奏したので2人とも言えますね。笑
いやはや、こんなの見たことない!!
 
しかも、みんな超キレッキレの演奏で、さらにその大世帯を変幻自在?に束ねるJQのすごさったらもう。
また、その分厚い音にも、全く負けないJQの唯一無二の声ね!!
いやむしろ、JQのお声が引っ張ってる!!
 
JQは、普段はとっても喋りもゆるい感じなんですけど、音を鳴らし、声を出した時は、神か?!ってぐらいで、不思議なカリスマ性みたいなものがある気がします。

 

光と音の相乗効果

2曲目の「It’s Who We Are」の時とかだったかな?
とにかく、ステージ背景の演出がとても綺麗で、歌詞とかも出たりするんだけど、すべてがかっこいいんですよね。
 
音と光の演出が相乗効果で、それはもうこれまで見たことないようなオサレな空間に、日本武道館がなってました。
あれ、ここ武道館だっけ?みたいな・・・
 
この日のステージを見て、Nulbarichは、もっともっと大きなステージでもかっこいい景色を見せてくれそうだなって思いました。
 
途中、Perfumeみたいなサカナクションみたいな(←この言い方。笑)かっこいいレザー光線みたいなのも大量にあっちこっちに登場したり、演出も見事だったんです。
サカナクションの彼らにしか出来ない光と音の演出があるけど、あれとはまた違った、でも見たことないようなかっこいい景色をもしかしてNulbarichは新たに創り出してしまうかもしれないってこの日、思っちゃいましたよ!!




「NEW ERA」で歌わせてくれた!

相変わらず、JQは武道館でもステージを右へ左へ行ったり来たり、ウロウロ(←言い方。笑)しながら歌い倒します。
「緊張してる、伝わらねーと思うけど」とか言ってましたね!!
JQでも緊張するんですね・・・
やっぱ武道館って特別なんですね。。。
 
「ベターなものって好きじゃないんだけど、この曲で知ってくれたって人が多いと思うから」とJQ。
「結構、口パクで絶対歌えてないのに歌ってる人いるけど(笑)」とか言いながら、この曲はみんなに歌ってほしいと、で、まずは自分が歌う、と言って始まったのは、もちろん「NEW ERA」でした。
 
毎度ながら、最初の歌い出しのJQの歌声にみんなうっとりです。大歓声!!
 
そして、みんなに歌って欲しいっていうので、みんなで歌いましたよっ!!
気持ちよかったです。
 
歌終わりに、JQは「ごちそうさま!!」だって(笑)かわいすぎ。
この後の「In Your Pocket」もとっても良かったです。

 

「このグルーブが武道館で鳴ったらやべーって」

その後がやばかったですねぇ。
JQが、「昔、この曲を武道館でやって、このグルーブが武道館で鳴ったらやべーってみんなで話してたんすよ。やっすい居酒屋で(笑)」と。
 
そう言って始まったのは、「Spread Butter On My Bread」でした!!
場内からはそう来たか!というような反応が。
 
これがめちゃめちゃかっこよくて!!まじこれはやばいわ(笑)
 
この次の曲がまた「Supernova」で、これまたNulbarichならではの音に酔いしれる極上の時間でしたね。




JQがドラムを!しかもドラム叩きながら歌ったー!!

その後、JQは上着をいつの間にか脱いで、シャツ?なんかストライプぽいトップスに見えたけど、ボトムはいつものJQっぽい柄のパンツで、シャツをもちろんボトムにインするJQスタイル。
あとでスクリーン越しに見たら、パンツは宝石柄?みたいに見えたんだけど・・・
ほんとJQでないと着こなせないお服で、いつもとってもオサレです。
 
そんなJQが、途中でドラムセットに座って、ドラムを叩き始めたからみんなびっくり!!
ざわつく場内!!しかもめちゃうまいんですけど!!
 
さらには、ここで新曲を歌うと言って、「JUICE」をドラムを叩きながら歌ったんです!!
これまたびっくりー!!
 
歌い終わったJQは、「暑い!!8月だっけ?!」とか言ってて、「僕、実はもともとドラマーなんで!!」と言い放った!!
 
えー!!そうなの?!びっくりー!!どうりでうまいはずですが。
 
「武道館でドラム叩いたぞー!!勝手に夢叶えちゃいました!!二兎を追うものは・・・って言うけど、二兎追ってこうぜぃ!!」とか嬉しそうに言ってました!!

 

怒涛の後半

後半は、盛り上がりまくりの怒涛の展開でしたね。
アネッサCM曲「Kiss You Back」で武道館を真夏にしたと思えば、最新の北川景子ちゃん出演のCM曲「VOICE」をやっと初めて生で聴けて喜んでたら、みんな大好きな「ain’t on the map yet」で盛り上がりました!!
 
「Follow Me」がまた良かったですね!!手をフリフリ武道館が揺れましたね!!
 
「Almost There」のイントロが流れると、今年のフェスではラストの曲として演奏されることが多かったので、もう終わりが近づいている感が急に迫ってきて、寂しくなりつつも、大好きな曲なので嬉しかったです。
このスモーキーな感じから熱く盛り上がっていく感じがすごく好きなんです。
 
でも、これで終わりじゃなかった!!
最後に選んだ曲は、「Heart Like a Pool」でした。
そういや、春のツアーのラストもこれだったなぁ。
 
ついに終わっちゃうんだなぁというさみしさと、たっぷり楽しませてもらえた充実感でいっぱいでしたね。




感動のアンコール!!

本編が終わり、メンバーがステージを去り、暗転となり、春のツアーではアンコールが一切なかった彼らだけに、武道館でもないのでは?なんて思ったんですが、すぐにステージ上では楽器を用意するのが見えたんで、これは今回はあるのだな、と・・・
 
ほどなくして、灯りがつき、メンバーが再登場!!
おぉ、さすがに今回はアンコールあるんですね!!
春のツアーは参加した2回ともなかったので、やらないタイプ(主義とか?)なのかと(笑)
 
出てきたJQは、「もう曲ねえし」とか言いながらも嬉しそう(笑)
 
序盤から武道館でライブが出来た感謝を言っていたJQですが、ここでも感謝の言葉を。
ご両親、ご姉弟、そして私たちファンと、みんなに丁寧に、でもJQらしい言葉で言っていたのが印象深いです。
 
そして、「オレら、まっすぐ行くわ!!」って言っていた言葉が忘れられません。
 
「武道館の天井も綺麗だし、上も見ていたい気もするし、下見てたらきりないし、でも、オレらはそういうのももちろん気になるけど、でも、オレららしく、まっすぐ前を向いて行くわ!目の前の人に向かって伝えていくわ」
 
というようなことを言っていたと思います(記憶あいまいなのでニュアンスで失礼)が、これには感動しましたね!
彼ららしくて、すごく良いなぁって・・・
あと、ここじゃないかもですけど、「泣いてないで笑ってこ」というようなことも言ってたかと。
 
あと、最も感動したのが、
「ずっと思ってました・・・世の中が平等なら・・・誰も平和を祈らないと思う。
もし、本当に平等だというのなら、きっと、次はオレたちの番だと・・・思ってました!!」

って言葉です。
 
ライブ中は、そこまで深く考えられずに聞いていたのですが、帰ってから思ったのは、このJQの言葉に、これまでのたくさんの想いが詰まっていて・・・
私は彼らの過去はよくわからないけど、実はめちゃめちゃ苦労人なのではないかと・・・
そう思ってしまったんですよね。
 
さらに、また「(武道館に)帰ってこれるように頑張るし、もしかするともっと大きなところで・・・」みたなこともさらっと彼らしい言い方で言っていました。
ええ、もはや、もっと大きなところでライブする彼らが今回、はっきりと見えた気がしましたよ!!
 
そして、「だからみんなも、お金と気持ちに余裕があったら、また来てよ!!」って(笑)
 
これには笑いました!!でも、まさにそのとおりだなぁと思いました。
 
JQは、「だって、子供とか生まれたら来れないし、でも、オレらいつでも好きな音楽やってるから。帰ってくる場所はここにあるから」って言ってました。
なんとなく、ナオトのいつものパワースポットの言葉が一瞬よぎりましたが、人によって言い方や思いもそれぞれなんだなぁと・・・
 
最後に、「というわけで、これからも・・・ん?!ご・・・(固まる)ご鞭撻!?ん!?(場内爆笑)
(エイっ!)五千円!!五千円よろしくお願いします!!五千円ください(笑)」

 
JQウケるわ~!!ご指導ご鞭撻・・・って言いたかったんだろうけど、急に固まるJQがめちゃかわいくて、しまいには、5千円になっちゃう、ご声援を五千円くださいって言っちゃう彼が、彼らしくて、会場があったかい笑顔に包まれた素敵な時間でした。
 

そして、バンドメンバーに最後だから悔いを残すな・・・というようにすかさずJQは煽りつつ、ほんとにラストの曲、「LIFE」で大団円。
 
これがねぇ、これまでちょっと聴いたことないようなエモいJQの歌声・・・ほとんどウルウルな声に聴こえました。
それがまた感動的で胸アツで最高だったんですよねぇ!!
 
ここでだったかな?最後の最後には、金色の紙吹雪が大量に空から降ってきてましたが、これもまためちゃ綺麗だったんですよね!!

 

エンディング

曲が終わり、エンディングで、JQは1人、細かく数列ずつって感じに、ステージ向かって左側から丁寧にお辞儀をしていき、一番右端まで回ってましたね。

最後には、また、この日も使ってないんだけどとか言いながら、タオルとか客席に投げていたんですが、私の位置からはよく見えなかったけど、全然飛んでなかったみたいで(笑)
何しろ、武道館のステージから客席までは、撮影のカメラもあったりするだろうし、ちょっと間があるからねぇ。

JQは、「練習しとくわ!!」みたいなことを言って、ステージを去っていきました(笑)
そんなところも彼らしくて!!




スクリーンに告知&この日のセトリが!!

メンバーがステージを去っても、客電はつかず、暗いまま。
すると、スクリーンには、まず、NEWアルバムリリースの告知が!!
加えて、ツアーの発表も!!湧く場内!!
 
さらに、その前だったか後だったか、スクリーンに、映画のエンドロールのように、メンバーからスタッフの皆さんのお名前などがずーっと映し出されて・・・
 
そして、最後の最後に、ドーン!と出たのは、この日のセットリスト!!
 

こちらが、私が撮ってきたセットリストの写真ですが、かなり見えにくいかと・・・笑
 

 
まぁ、雰囲気伝わるでしょうか?!

 

もう少しセトリをアップにしたのがこちらです。
 

 
曲のフォントもそれぞれで、まるで曲一つ一つが、アパレルのブランド名みたいですよね。笑
こんなところもほんとオシャレです!

 

ライブ後は・・・

ライブ後は、先日のナオト武道館後にもみんなで行った土佐料理のお店にまた行っちゃいました!
この日は、バッチリ、Nulbarichづくしになってました!!
 

 

この日のライブがWOWOWで放送されます!!

なお、この日のライブが、12/27にWOWOWで放送が決定しております!!
 


 
めちゃめちゃ楽しみです!!
気になる方は、ぜひご覧ください!!

 

さらに、こちらはナタリーさんの記事です。
写真もあります。
 

 



タイトル未定 (完全生産限定盤A 2CD+Blu-ray) [ Nulbarich ]

 


【先着特典】タイトル未定 (オリジナルステッカー(Type-E)付き) [ Nulbarich ]

 


H.O.T (初回限定盤 2CD) [ Nulbarich ]

以上、Nulbarichの初武道館公演について書きました。
1万人も来ていたそうですよ!!すごい!!
武道館で、こんなに自由で、こんなにオシャレなオトナなライブを見たのは初めてでした!!
1週間経っても、まだ余韻が冷めません。
今回のライブで、ますますNulbarich熱が上昇して、結局、FCも入っちゃいました(笑)
NEWアルバムもツアーもめちゃめちゃ楽しみです!!










いいね!いいね! 1
Loading...
pagetop